気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

IC-R100のAMスケルチ動作を変更

日頃のちょっとしたワッチに使っているICOMの古い受信機の
IC-R100なのですが、AM受信時にスケルチの閉じが悪く、
信号の強さやスケルチの深さにもよるのですが、信号を
受信してからスケルチが閉じるまで長くて1秒近くかかる
こともあります。また微弱な信号ではスケルチが開かず、
「IC-R100のAMはあまり良くないなぁ」と感じていました。
サービスマニュアルを確認したところ、IC-R100のAMの
スケルチは信号の強さでスケルチのON/OFFを行うAGCスケルチ
となっていました。これでは強い信号が入った場合はAGCが
下がりきるまでスケルチが開きっぱなしになってしまいます。
またスケルチ感度の悪さはAGCスケルチでスケルチのON/OFFを
行っているスレッショルド回路のヒステリシスが起因している
ものと考えられます。
現在の受信機ではAGCスケルチではなくAM受信時でもFM回路の
ノイズスケルチを使うことで自然なスケルチの動作ができて
いますが、IC-R100でもどうにかしてノイズスケルチ動作に
できないか…と回路図を見ていると、どうもD22という
ダイオードを外すだけで、とりあえずノイズスケルチ動作に
させることができるようです。
早速基板を取り外してD22を外してみます。
ICR100AmMod.jpg

組み直して確認したところ見事にノイズスケルチ動作になり、
AM受信時でもメリハリのあるスケルチ動作となりました。
また微弱な信号でもスケルチがちゃんと開いてくれます。
再調整などは不要で、感度や各モードに影響は見受けられません。
なおIC-R100のAM受信時の帯域が6kHzに対してノイズスケルチは
15kHzの帯域で動作しているため、6kHzから15kHzの帯域の間に
何らかの信号が存在していると、受信信号がないのにも関わらず
スケルチが開く…という現象が発生してしまいます。
航空無線では周波数間隔が広いため問題ありませんが、周波数
間隔の狭い中波帯や短波帯の受信にスケルチを使う場合は使い
にくくなるかもしれません。
現在もまだ不具合がないか様子を見ている状況ですが、今の
ところはこれといった問題もなく、なかなか良い感じなので
しばらくはこの状態で使ってみたいと思います。

お決まりのフレーズですが、この内容を見て改造する場合は
各々の責任と判断にて行ってください。私はこの改造による
いかなる責任は負いません。
この改造は回路図や動作を熟慮した上で行っていますが、
見過ごした事柄などにより最悪で受信機を故障させる可能性も
含まれます。
無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ICレコーダを購入してみました

ここのところブログの更新が少なくなってしまいました…
最近パソコンデスクに設置してあるIC-R100で受信した無線を
スマホで録音(録画)することがあるのですが、スマホでは
なかなかすぐに録音を開始することができません。
やはりこういったときにICレコーダがあると便利だなぁっという
ことで、いろいろ調べてみたところ良い製品があったので購入
してみました。
今回購入したのはSONYのICD-BX332というもので、ICレコーダと
しては比較的低スペックの普及モデルです。しかしスピーカが
内蔵されているので、録音した音声をすぐに聞けるのが良い
ところですね。なお録音されるファイル形式はMP3です。
DSC_0184_201310111928299a3.jpg
また同スペックの他メーカーのものといろいろ比較したのですが、
ICD-BX332には
・録音するフォルダを追加したり名前を変更できる
・8kbpsの低ビットレートの録音ができる
・外部音源も接続できる
という点で購入してみましたが、実際は8kbpsの低ビットレートの
録音では音質が悪く、よほどのことがない限りはこのモードは
使わないなぁというところでしたが、録音するフォルダについては
「消防無線」「航空無線」などと日本語名も設定できるので、
分類分けがわかりやすく便利です。
またマイク端子にはマイクのほかにも外部音源を接続すること
ができるので、IC-R8500のREC OUT端子やAR-5001Dの
ライン端子と直接接続して録音することもできました。
また自動的に音声の有無で録音を開始・停止するVOR機能も
問題なく受信音声の録音に使うことができました。音声の最初も
しっかりと録音されていて良いですが、無音になってから3秒間は
無音音声が録音されてしまいます。
無線のデジタル化が進んでいますので、このICレコーダで今のうちに
いろいろと残しておけたらいいですね…
無線 | コメント:3 | トラックバック:0 |

ラジオゾンデの機種が変更されたようです

ラジオゾンデからの信号を受信してデータを表示するKG-RSですが、
お使いいただいている方からご連絡があり、どうもラジオゾンデの
機種が変わったようで、KG-RSや外国製の受信ソフトSondeMonitor
でも受信ができなくなってしまったようです。
当方でも改めて直近の輪島の信号を確認したところ、割当周波数
での信号を確認できなくなっており、付近の周波数を探してみた
ところ、405.4MHz付近で従来より低い音調の信号を確認することが
できました。(輪島の観測はここのところ高層天気図にデータが
載らないので、観測そのものができていない可能性があります)
早速簡単に解析してみたところ、データの速度が4800bpsから2400bps
に変わっているほか、周波数も405.4MHzというよりは6.25kHzほど
下の405.39375MHz付近でちょうど良い感じでした。
この低い音調の信号は、ジツは以前から何度か受信しており、
そのときは外国から飛来している信号かなにかなのかなと思って
いましたが、新しい機種に変更されるとは思いもしませんでした。
できればデータの解析を進めてみたいところですが、ラジオゾンデの
データ解析はなかなか難しいところもあるので、うまく進むかどうかは
現時点では不明です。

なおKG-RSですが、まだ受信できる地域もあるかもしれませんので
しばらくは公開を続けようと思いますが、様子を見て公開を終了
させたいと思います。
無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

QEX JapanにWR3600の記事が載りました

少し間が開きましたが、執筆の第三弾目のWR3600を使ったレポート
記事がCQ ham radio別冊のQEX Japan No.8に掲載されました。
QEXJpn.jpg
記事は受信機について詳しく取り上げるというよりは、当方の
ソフトウエアを使ってWR3600をさらに楽しむといった内容に
なっています。
さすがにWR3600はハイスペック受信機ですので、当方の多くの
ソフトウエアを使うことができます。12kHz IQ出力を使ってVDLの
デコードも可能でした。
今回取り上げたのはKG-NAVTEXとKG-AIS、KG-APTの3種類
ですが、よろしければお読みいただければと思います。

今回の一連の執筆はこれで終わりとなります。私は理系なので
やはり思ったことや考えていることなどをそつなく文章にするのは
なかなか難しいですね。今回は良い勉強になりました…
無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

AORが受信アダプタARD300発表

去年のハムフェアで参考出品されていましたAORのデジタル
デコーダですが、AORのサイトにて正式に発表されました!
http://www.aor.co.jp/ard300/ard300.html
カタログも見れる状況になっていまして、さっそく内容を確認
してみました。
まずは接続方法ですが、受信機のIF端子に接続する形と
なりますので、IF端子がない受信機には接続できません。
IF信号は10.7MHzと45.05MHzにも対応しているので、
AR5000やAR5001Dにも接続することができます。
デコードできる無線はハムフェアでも発表のあったD-STARと
アルインコ方式のデジタルアマチュア無線、そしてデジタル
簡易無線とアメリカの公共デジタル無線のAPCOに加えて、
早くもヤエス方式のデジタルアマチュア無線にも対応している
とのことです。ただし、対応しているのはデータ/音声通信
モードで高音質音声フルレートモードには対応していないよう
です。
またデジタル簡易無線は351MHz帯の登録局に加えて、
467MHz帯の免許局も受信できるようです。また秘話が
かかった通信の秘話キーを解析することもできるようです!
数々のデジタル無線に対応していますが、各デジタル方式の
切り替えは自動で行われるようなので、めんどうな切り替え
操作も必要なさそうです。
価格は89,250円とのことで、ちょっと高いですがぜひ入手
していろいろ使ってみたい製品に仕上がっていますね!

8/14追記
ARD300には「NXDN」というデジタル無線にも対応していますが、
確認してみたところNXDNはアメリカでの業務用デジタル無線の
ようで、APCO同様、日本ではあまり縁はなさそうです。
無線 | コメント:8 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。