気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

KG-AISバグ出し中です

どうもブログの更新がマンネリ化してきていますが(汗、
現在KG-AISの新バージョンの最終調整&バグ出し作業を
行っています。
12月中にはアルインコより検波出力端子を備えた
新ハンディーレシーバーDJ-X11が出るので
それに合わせてリリースすべく準備中です。
今回のバージョンは前バージョンの修正に加えて
いくつか機能を追加していますが、
最も大きい改修は船舶の表示の変更ですね。
kgaisn1.png
このように船舶の種類によって色が分けられます。
色は船舶の種類のほか、航行状態でも分けられます。
また船舶を三角のシンボルで表示し、
船首方向を示すと共に
その大きさも船舶の大きさのデータを元にしています。
kgaisn2.png
進路表示は従来と同じようにX分後の予測位置まで線を引きますが、
それに加えてROT(旋回率)の取得処理を加えましたので、
白色の船舶のようにどちら方向に旋回しているか、
また綿密な旋回データが得られている場合は
1分後ごとの船舶到達位置を計算し、
線(曲線)で表示します。
このほかにも、
・フルディスプレイ表示
・ショートカットキー操作
・シフトやオルトキーによる選択表示操作
・トラックモードにおけるノースアップ、ヘディングアップの設定
・最短描画間隔の任意設定
・表示時刻の自動補正(基地局からの情報を利用)
・リスト表示も船舶の色分けに対応
・ログファイルの自動名前変更&古いファイルの自動削除
・描画処理の見直しによる描画速度の向上
・付随表示内容の追加
 (Noinfo,Speed/Degree,Type/Size,Status/CallSign,Destnation/ETA)
・緯度・経度線の倍率自動切換え
このほかにも細かい修正を入れていますが、
メモしていなかったので思い出せません(汗汗
大方の修正&バグ出しが終わったら
約1週間のテスト期間を得て公開の予定です。
新バージョンのライセンス金額は2500円を予定しています。
なお前のエントリーでご案内させていただきましたとおり、
今回より差額購入制度を廃止させていただき、
新バージョンも新規購入とさせていただきます。
たいへんご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、
今後のソフト開発にご協力をいただければ幸いです。

なお今後のソフト開発予定は、
1.KG-HFDLのセルコール対応とその他改良版(1月予定)
2.アナログMCAトラッキングソフト(IC-R系及びDJ-X11対応、2or3月予定)
3.NOAA APTデコーダ(4月前くらいまでには…)
以降は時期と様子を見て
4.VDL Mode2デコーダ
5.デジタル簡易無線情報デコーダ
5.デジタル防災無線情報デコーダ
X.24kHz IFデジタル無線解析ツール(構想段階)
と、このような感じで
気合を入れてがんばっていきたいと思っております!!
また「こんなデコーダできないですか?」というご希望もお受けしております。
私もまだまだ勉強不足で「そんな通信があったのか!」ということがよくあるので、
ヒントをいただけたりするとたいへん助かります。
実現が不可能な場合もありますが、
もし気になる通信がありましたらぜひコメントなどいただければと思います!
スポンサーサイト

KG-AIS | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<KG-AIS作り込み作業完了 | HOME | APTデコーダはこれくらいで…>>

この記事のコメント

密かに観測気球データ解析ソフトをのんびりとお待ちしていたりします。それと興味お有りか分かりませんが、似たようなものとして防災無線のテレメトリーデータなどはどうでしょう。
あとはVDLと不可能かとも思われますがソフトSBS-1(笑
もうひとつ、開発段階でこまごまとしたツールソフトを作っていらっしゃるようですが、差し支えないようでしたら今後おまけソフトのような感じで公開していただけると嬉しく思います。何をすると言う訳ではありませんが、どういう事をしているとか少々興味ありまして。
ではごゆっくりと、ご自愛のほどを。
2010-03-12 Fri 01:42 | URL | [ 編集]
コメントをいただき、たいへんありがとうございます。
観測気球のデータ受信ですが、調べてみたところ
現在はデジタル変調方式になっているようで、
加えて出力が小さかったり
周波数が高いなど受信が難しそうなので
残念ながら現在のところ開発予定はありません。
シンプルなトーン変調方式なら可能かと思っていたのですが…
VDLデコーダは出せると思いますので、
ぜひお待ちいただければと思います。
パソコンを使ったソフトウエアによるADS-B信号の受信ですが、
こちらはハードウエア上、不可能と思われます。
テレメトリに関してましては、今度調べてみようと思います。
ちょっとしたソフトの公開ですが、
多くの場合、私のパソコンでしか動かないような状態
(サウンドデバイスやCOMポートを固定しています)
で初期開発を進めていることが多いため、
そのまま公開することができないでいます。
内容に関してはこのブログにてぼやいていることがあるので(汗
ぜひチェックをいただければと思います。
2010-03-13 Sat 21:55 | URL | K.G [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-03-22 Mon 14:23 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。