気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

NOAA APTデコーダ

昨日入手したIC-R2500ですが、早速今まで消防波を受信していた
YAESUのFT-4800に代わり24H体制で消防波+その他を受信しています。
タクシー無線のワッチにも使っていますが、
なぜか私のまわりのタクシーは半複信式ではなく単信式で、
基地局と移動局でトーンが違ってるタイプの無線が多いです。
AVM信号も流れているのでトーンスケルチをかけて音声だけを出したいですが、
基地局と移動局でトーンが違っているのでどちらかしか聞こえません。
2波受信を使えば問題解決ですが片一方には消防を入れておきたいのです。
どうすればいいもんかのぉ…と調べてみると、
今回のIC-R2500に搭載されているVSCはスキャンだけでなく、
通常のVFOでも音声と非音声を識別して音声を出すとのこと。
さっそく問題のタクシー無線にVSCを使ってみたところうまくいきました!
ときどき音声でもプツッと切れるときがありますが、
まず実用上問題ないと思います。
やるなっ、R2500!

で、ジツは今日はJSMRそっちのけでNOAAのAPTデコーダを
ちょっと作ってみてました。
まだR2500でNOAAを受信していませんが、
せっかく50kHzのIFフィルタが入っているので
やってみようと思っています。
以前からAPTのデコーダを作ってみようと思っていたので、
これを機会にデコーダにちょっと挑戦してみることにしました。
以前、AR-5000Aで受信したAPT信号の音声を元に、
検波・同期・ビデオチャンネル選択まで作ってみました。
NOAA_APT.jpg
ドップラー対策がまだなので画像が歪んでいます。
とりあえずはドップラー対策をして安定したサイズの画像が処理できれば
なんとかいけそうですね。
うまくいけたらぜひとも衛星の軌道計算も入れてみたいところです。
でも衛星の軌道計算ってどんなだろう、まったくの未知領域ですね。
天気が回復次第、以前使っていたQFHアンテナを屋根に上げてみたいです。
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今年は早いなぁ… | HOME | IC-R2500入手&JSMR対応>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。