気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ぼちぼち進行中です…

ここのところブログの更新がおろそかになってしまいました…
最近はてきとーに気の向くままプログラムをしていたりしています。
1つはOFDMのデコーダ(変調も含めて)をやっていました。
OFDMといえば現在のデジタルSSTVなどで一般的ですが、
その勉強がてらの研究です。
ジツはかなり前にも挑戦していたりしているのですが、
なかなかうまくいかずに中断していました。
変調はそこそこ簡単にできるのですがやはり復調が難しいです。
シンボル同期ができたのですが受信周波数の追い込み動作で
いったん止めています。
というのはデジタルデータの送受信ソフトの一環として
OFDM方式を検討していましたが、
OFDM方式はピーク値が高く通常のSSB送信機では
効率的に波に乗せることが難しいと判断したためです。
現在あるアマチュア無線機(HF帯SSB)で効率的にデジタルデータを
伝送するために、総合的に判断するとFSK+畳み込み符号による
軟判定がいいのかなぁと思ったところでモデム研究は終了。

KG-HFDLはセルコールデコーダを実装し、
受信したセルコール・コードから専用のデータファイルを検索し、
画像を表示させることまでできています。
セルコールのデータベースは見当たらず、
どうも同じセルコール・コードを使っている場合もあるようなので、
ユーザー側で必要に応じてデータベースを構築してもうらう形に
しました。
また音声通信のモニターをする際にオートノッチとノイズリダクション
をかけてスピーカから出力するようにしました。
セルコールの場合、無線機側でオートノッチをかけるとデコードが
できなくなってしまいますし、HFはノイズが多いので、長く聞いても
疲れないようにしたいと思っています。

KG-AISは船の簡易表示(三角形)をデフォルトにして、
簡易表示の大きさを船の大きさのデータに合わせるようにしました。
また詳細表示ウインドウをなくし、その代わりにマップ上で詳細を
表示させるように変更しました。
またプログラム内部の受信内容のデータベースの関係から、
受信船舶リストの表示の仕方を変更しました。
なかなかカラフルなので見た目は楽しくなりましたが…。
しばらく修正を入れては使ってみて今後のことを検討したいと思います。。。
kgaisv11.png
スポンサーサイト

無線 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<今後の開発予定 | HOME | KG-HFDLにセルコールデコーダを搭載>>

この記事のコメント

パソコンの機材変更後AIS作動させました(2カ月位やっていません)、結果受信できず。設定を色々変えましたダメ、周波数を変更で受信成功162.025MHz161.975MHzです、以前受信できない周波数でした。東京湾の周波数が変更ですか?デコード率は、悪いです。
2009-10-26 Mon 16:34 | URL | 123.9 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。