気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

デジタル簡易無線入手

何の前触れもなくハムフェアで大々的に公開された
アイコムの350MHz帯デジタル簡易無線機、
IC-DPR5を入手しました。
DSC_0193.jpg
スペックは351.20000 ~ 351.38125MHzの6.25kHzステップ、30チャンネル、
5W(1W)出力、変調形式4値FSK、通信速度4800bps、音声符号化はAMBE+2です。
もともとデジタル簡易無線は467MHz帯を使っていますが、
それとは別に「登録局」という従事者免許や免許申請なしの
登録のみで使用可能な枠があり、今回はそれに準じた無線機です。
登録料は約2500円で電波利用料がかかります。

この無線機のポイントは業務用簡易無線を用意するほどではないが、
特定小電力より出力が欲しいケースがターゲットです。
今まで特定小電力で届かないような交信をする場合、
アマチュア無線を使っている場合が多々ありますが、
いくら免許を持っていても通信内容によっては違法です。
以前どこかの学校が校内行事で連絡しているのを聞いたことがあります。
また当地はスキー場に囲まれていることもあり、
冬場は連絡用のアマチュア無線が聞こえますが、
明らかに免許を持っていない様子です。
そして近年ではどうも狩猟用にも使われはじめたようです。
今後このような通信はこの登録局制度の無線機に
代わってゆくものだと期待しています。

しかし問題点が。。。
それはやはり無線機の価格と無資格とはいえ登録や電波利用料が必要なこと。
今回の無線機は私でも予想しなかった低価格設定できました。
以前より登録局を買おうかと考えていたのですが、
業務用無線機の世界では1台10万円~の世界なので、
なかなか手がでませんでした。
しかし今回はその半分で、しかも法人でなくても個人で購入・使用できます。
ただ、同じ出力のアナログアマチュア無線機と比べると、…であります。
また無線や電波法の知識がない方にとって、
登録や電波利用料、そして5年の更新など、
理解して維持できるかも疑問なところがあります。
ぜひこの点は周知徹底をメーカー、ディーラー共に注力していただきたいです。

さて、無線機本体のIC-DPR5ですが、
完全にプロ仕様のつくりです。
これは同社のデジタル簡易無線、IC-DU55やIC-D50から
機構や回路を受け継いでいるからだと思われます。
ただ、IC-DU55ではアナログ簡易無線も使用できましたが、
このIC-DPR5ではデジタルのみになります。
画面はシンプルなチャンネル表示のドットマトリクス表示。
不用意な音量変化をしないよう、あえて回転がしにくくしてある
音量ボリュームはまさにプロ仕様を感じさせます。
もちろんプロ必須のJIS7級防水仕様。
マイク・スピーカ端子は専用の9ピンタイプを使っているので、
アマチュア無線の2ピンプラグタイプのスピーカマイクなどは使えません。
またこの変換ケーブルも現在のところありません。
無線機には電池と充電器がセットされているので
あえて別に買い足す必要はありませんが、
充電器はスタンドタイプですが急速充電器ではありませんのでご注意。

この新デジタル無線機の今後はどうなるか、
利用者が少なく閑散として終わってしまうか、
はたまた従来のパーソナル無線のように違法局だらけになるか、
意外に大好評で急遽チャンネル増大~なんてことになるか、
無線機もロースペックで低価格設定なのも出てくるのか、
今後の展開が楽しみなところです。
私も早速包括で登録。
登録ができましたら交信範囲などのレポートもしてみたいと思います。
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やはりここが問題か。。。 | HOME | KG-AIS修正中...>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。