気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JSMRのトラッキングに成功しました

ここのところ次のデコードソフトについて専ら企画中でしたが、
デコーダ部分の手入れをしていたKG-MCAについて、
これにモトローラ方式のアナログMCAシステム、
JSMRのデコードはできないのか??
ということでJSMRのデコードにチャレンジしていました。
その結果デコードに成功し、本日トラッキングにも成功しました。
jsmr.png
上記画面は開発ソフトの画面です。
モトローラ方式のMCAはTYPE-1とTYPE-2があるようですが、
とりあえずTYPE-1で動作させています。
現在のところ、10kHz IF入力でAR5000AをRS232C制御で
トラッキングをかけています。
制御信号そのものはAIS信号と同じく
直接周波数変調がかけられているので、
10kHz IFか検波出力を使うことになります。

今後はユーザーデータの解析を行い、
個別orグループの特定受信を可能にし、
KG-MCAにこの機能を追加して
フリーウエアでリリース予定です。
KG-MCAは制御局選択や
ユーザーIDの管理も改善する予定なので、
まだリリースするには時間がかかると思います。
長い目で見ていただけると助かりますm(_ _)m

JSMR…Japan Shared Mobile Radio
財団法人日本移動通信システム協会が管理する
850MHz帯MCA無線システム。
モトローラ方式のシステムを採用。
無線機も専らモトローラのものになります。
850MHz帯の移動無線センターのMCA無線、
McAccessと同じ周波数帯に同居している。
JSMRの通話チャンネルは使うときだけ電波が送信され、
常時または一定時間送信されるMcAccessと異なる。
また制御信号はMcAccessと同じく常に出ているが、
直接デジタル信号で変調されているため復調音が異なる。
(ズモモモ…という音)
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サンプリング周波数とデコード可能伝送速度 | HOME | 今後のディジタル音声無線について考えてみる>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。