気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

KG-AIS近況

昨日本を求めに出たついでに、
天気が良かったので少し遠くまで
バイクに乗ってきました。
いやぁ、やはりバイクはいいですね~~、
でも今日になって体がお疲れモードです…(--;

さて、KG-AISですが順調?に進んでおります。
デコーダまわりの作りこみは終えて、
現在表示関係を仕上げています。

表示関係で新しく追加したのは、
レーダーレンジ?(本当の名前はなんだろう…)表示と、
トラックモードです。
ais1.png
レーダーレンジはもちろん海里単位です。
改めてこうしてみると、レーダーっぽい雰囲気がでますね。
またトラックモードとは、
選択した船舶を自動的に常にマップの真ん中に保つとともに、
受信した船首方位を上に表示するものです。
これであたかもその船のレーダーに表示されるように、
岸や他の船舶を見ることができます。
特に港などに入るようなときはとても面白いです。
この方法を使えば、PCに接続したGPSから
自分の位置や進行方向を表示させることも可能です。
今度GPS受信装置を用意しなくては…。
秋月あたりのがお手軽でいいかな…?

また地図表示はSBS-1で使われているOUTフォーマットに対応しました。
なぜOUTフォーマットに対応したかというと、
港などでは地図を細かく見たい場合があり、
その際NOAAのCoastline Extractorでは解像度が低いため、
自分でマップを作成できるツールがあるOUTフォーマットを
インポートできるようにしたためです。
また、OUTファイルは違う線種を同じファイルに記述できるので、
岸や道路、建物も描画することができます。
これを使って新潟県の直江津港のマップを作ってみました。
道路はまだ未完成ですが…。
ais2.png
ちなみに地図の倍率は8000倍まで設定できます。
また、倍率によって地図データを切り替える必要がでたため、
ソフト起動時に地図ファイルを検索し、
ソフト上でそのファイルを切り替えるようにしました。
低倍率で高解像度の表示は必要ありませんから…。
ちなみに今までどうり、NOAAのCoastline Extracotrで作成した
地図データは使用することができます。

NAVTEXデコーダは問題なく組み込みは完了しています。
現在はとりあえず受信して表示するのみですが、
ログ出しなどで受信の日付時刻は欲しいなぁと考えています。
NAVTEXデコーダは、これはこれでけっこういいので、
KG-AISとはまた別に出そうかなと計画中です。。。
スポンサーサイト

KG-AIS | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<アキバへ行ってきました | HOME | KG-AISにNAVTEXデコーダを搭載予定です>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-25 Mon 17:53 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。