気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一台のPCでKG-を複数起動し情報共有

こんばんわ。
新しいKG-HFDLはいかがでしょうか?
さっそくバージョンアップしていただく方が多く、
たいへんうれしいです。

そんなKG-HFDLですが、
今回VHF-ACARSのデコード機能も持ちました。
しかしKG-HFDLでは1つのサウンドデバイスからの
信号しか処理できません。
複数のサウンドデバイスがある場合、
このデバイスはHF、あのデバイスはVHF
という風にしたい場合もあると思います。
そんな場合の設定方法があります。

まず1つのKG-HFDLをサーバーにします。
サーバーの設定方法は、
実行ファイルと同フォルダにできるINIファイルを開き、
[NET]項目にあるServer=0をServer=1にします。
それからKG-HFDLを起動します。
するとKG-HFDLはサーバーモードで起動します。
そして、これとは別にフォルダごと別に用意した
KG-HFDLやKG-ACARSを起動します。
そしてツールバーの一番右の「TCP/IP接続」をクリックし、
接続先に「127.0.0.1」と入力し、OKをクリックします。

すると、KG-HFDLのサーバーへ接続し、データを共有できます。
これを使えば複数のサウンドデバイスに対応することができます。
ぜひお試しください!
スポンサーサイト

KG-HFDL | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<バイク用ナビ交換 | HOME | KG-HFDL ver1.0.1 リリース!>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-21 Tue 00:16 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。