気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

送受信SDRソフトのKG-TRXを公開開始!

たいへん久しぶりの新作ソフトなのですが、アルインコから新発売に
なりましたHFトランシーバーのDX-SR9に対応した送受信SDRソフト
ウエアのKG-TRXを先ほどアップロードしました!
フリーウエアですので無料で使用できます。

kgtrx.png
KG-TRXのページはこちら

DX-SR9は従来のI/Q信号の出力端子のほかに送信用の入力端子を
備えており、パソコンで生成した変調信号を実際の電波として送信する
ことができます。このことにより受信のみならず送信もマイクを接続した
パソコンから行うことができるようになりました。
今回、アルインコさんの協力によりソフトの開発を行うことができまして、
今年のハムフェアには参考出品もされたので既にソフトを見られた方も
おられると思います。
KG-TRXはAM、FM、USB、LSB、CWのモードで送受信が可能で、IFフィルタ
などの帯域幅は従来のSDRと同様に自由に設定することができます。
シンプルな作りではありますが、送受信のSDRを楽しむことができると
思います。
パソコンと無線機の配線はオーディオケーブルが2本と無線機の周波数や
送受信をコントロールする専用コントロールケーブルのERW-7で、あわせて
3本となります。
また受信音声はパソコンのスピーカから出力され、送信音声はパソコンに
接続したマイクから取り込みます。CWモードのキーイングはマウスの
クリック操作で行うことができます。
送受信SDRが可能になることで送信音質を好みのものに自由に変えたり
することなどもソフトの作りこみで実現できるほか、直接変調されたものが
送信できるので良好なデジタル伝送も可能になるのではと予想されます。
今回は私の力量不足で実現できませんでしたが、今後機会があれば挑戦
してみたいと思います。
DX-SR9を入手されましたら、ぜひKG-TRXもお試しいただければと思います。
スポンサーサイト

無線 | コメント:18 | トラックバック:0 |
<<HM-133を使ってみました | HOME | 当地で受信できたデジタル防災無線>>

この記事のコメント

こんにちは。
秋葉原のロケットでDX-SR9のことを知り検索してきました。
SDRモード以外の場合でもI/Q信号は出力されておりますでしょうか?現在使っているSDRソフト(HDSDR)による受信処理も試してみようと考えています。
2014-01-06 Mon 18:27 | URL | JR7HOV [ 編集]
お返事が遅れまして申し訳ございません。
I/Q信号ですがSDRモード以外では出力されていません。SDRモードではSDRに
切り替える直前の周波数がセットされていますが、周波数の変更ができない
ため、もし周波数の変更をするとなるとERW-7を使ってコマンドで操作する
ことになると思います。
2014-01-10 Fri 23:04 | URL | K.G [ 編集]
KG-TRXで運用できるDX-SR9を衝動買いし、試しています。7MHzの混雑がウオーターフォールで確かめられる素晴らしさ実感しています。しかしダミーロードで送信しようとすると「TX frequency is out of renge」の表示が出て、送信できません。(もちろんハムバンド内です)PCは、Win7 Endeavor MR4000,(VISTA Endeavor AT970でも同じ症状)どこに原因がありそうでしょうか?
2014-02-05 Wed 22:05 | URL | JA2EPR [ 編集]
本日メールをお送りしました。
ご確認をお願いいたします。
2014-02-06 Thu 14:56 | URL | K.G [ 編集]
初めまして、JA1RPK 川名です。
DX-SR9、ERW-7、KG-TRXの最新版が揃ったのでSDR機能を試してみました。
まず周波数設定でつまずいています。SDRモードに入る事前の周波数に対しては受信できるのですが、キーボードから周波数を設定してもKG-TRXの表示が変わるだけでDX-SR9には反映されずに元の周波数を受信しています。
FTDIドライバは癖があるのをよく知っていますから完全にアンインストールしてからアルインコのWebから落としたバージョンを新規インストールしています。
JA2ERPさん同様に送信するとTX frequency is out of rengeのメッセージが出ます。

疑問点:そもそもDX-SR9と通信するCOMスピードはどこで決まるのでしょう。マニュアルを探してもCOMスピードに関する記載はみあたりません。
送信エラーもうまく周波数が設定できていないのが原因だと思うのですが、解決のヒントが見つかりません。

仕様に関する質問ですが、KG-TRXは正しく動作すると周波数はパソコン側から連続的にDX-SR9をコントロールするタイプでしょうか、それともSoft66LC4同様単にセンター周波数の設定だけで±24KHzの範囲を使うための設定でしょうか?

よろしくお願いいたします。
2014-02-08 Sat 13:24 | URL | RPK [ 編集]
コメントをいただき、ありがとうございます。
周波数の設定ができないとのことですが、KG-TRXの
COMポート設定はされましたでしょうか? 正常に
ERW-7のCOMポートが設定されていないと、周波数の
変更や送信ができませんので、ご確認をいただければ
と思います。
KG-TRXの周波数操作ですが、連続的には制御は行わず、
±24kHzを超えると自動的に周波数が再設定されて
シームレスにチューニングができるようになっています。
周波数を入力した場合は、その時点のI/Qのチューニング
周波数を維持したままSR9の周波数を変更します。
2014-02-08 Sat 15:24 | URL | K.G [ 編集]
早速のご返事ありがとうございます。
COMの設定は正しいポート番号を指定しております。スピード設定は無いようなので、OSのドライバ側で4800から38400まで設定してみましたが、だめでした。

試しにERW-7を使ってHRDの接続を試してみました。HRDにはアルインコの選択肢が無かったので、KENWOODから順番に試したところYAESUフォーマットの4800bpsが中途半端に応答することがわかりました。

周波数設定の仕様の件、了解いたしました。
2014-02-08 Sat 17:11 | URL | RPK [ 編集]
お返事をいただきまして、ありがとうございます。
それでは、KG-TRXが動作しているときに画面下にある
ステータスバーの時刻表示の左(Out:~の右)に設定
したCOM番号は表示されていますでしょうか?
ここにCOM番号が表示されていれば、正常にCOMポートが
オープンできていて使用できるはずなのですが…
2014-02-08 Sat 18:04 | URL | K.G [ 編集]
解決しました。

ドライバーを入れたときに最初のUSBの場所だとCOM12にアサインされたので、その番号を設定しました。ご指摘のようにKG-TRXに表示されるCOMのステータスがFailureになっていました。そこでUSBコネクタの場所を変えて、COM7にアサインされたらうまく周波数コントロールできました。

COMステータスの表示が役に立ちました。
ありがとうございました。
2014-02-08 Sat 21:27 | URL | RPK [ 編集]
SSBの送信もできることを確認しました。
ところで送信の変調帯域は固定でしょうか?
もう少し広いほうが好みです。

あと送受信のイメージキャンセルの方法はサウンドカードの振幅レベルバランスを取る方法で下げればよろしいでしょうか?

質問ばかりですみません。

2014-02-08 Sat 22:08 | URL | RPK [ 編集]
正常に動作してよかったです。
送信の変調帯域は現在のところは残念ながら固定と
なっています。
イメージキャンセルはうまくいけばバランス調整で
可能かもしれません。
まだまだ使いにくいソフトですが、いろいろ楽しんで
いただければ幸いです。
2014-02-09 Sun 18:31 | URL | K.G [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-02-09 Sun 18:54 | | [ 編集]
こんにちは、JA1RPK川名です。

SDRモード時のDX-SR9の周波数構成を調べていたのですが、以下の理解で合っていますでしょうか?

受信時はDX-SR9内部のQSDでIQ信号にしてサウンドカードのステレオ端子に渡している。スペクトラムの表示範囲は主に第一IFフィルターの特性で決まる。

送信はKG-TRXで発生させた信号を12KHzにオフセットしてサウンドカードから出力し、アナログミキサーで455KHzに変換後、455KHzのフィルターで足し算側の479KHzのスプリアスを取り除いている。すなわちQSE方式とは異なる。

正しいでしょうか?
2014-02-13 Thu 16:12 | URL | RPK [ 編集]
受信側についてはその通りです。IFフィルターの特性でプラスの
周波数成分のレベルが一部低下しているのがスペクトラム画面でも
見えますね。
送信については、送信機内部の処理については当方では断言できま
せんが、確かおっしゃる通りの動作だったと思います。ソフト側
では12kHzにオフセットをかけた信号をサウンドカードから出力して
います。
また、前回のコメントのお返事がたいへん遅れまして申し訳
ございません。先ほど確認をさせていただきましたが、お返事は
もちろんOKです。ぜひ、よろしくお願いいたします。
もし、何かありましたらメールのほうもぜひご利用いただければと
思います。
2014-02-14 Fri 16:56 | URL | K.G [ 編集]
KGさん、

解答ありがとうございます。
Alincoからは送信機系統図しか公開されていないので、ブロックダイヤグラムをWeb中を探し回りましたが、やっとハムフェアで公開していたブロック図の写真のショットを見つけました。鮮明でない写真から読み取り、半分推測ですが何とか理解できました。

最大の疑問はなぜKX-3のようにDX-SR9の本体を操作できる状態でスペクトラムスコープをパソコン上に表示できる仕様にしてくれなかったです。アナログ回路とIQ信号を同時出力でも問題ないような気がするのですが、謎です。
KGさんのソフトが存在するので何とかSDR対応の形を保っていますが、HDSDRやPowerSDRの固定周波数設定仕様だったらとてもやってられません、Hi。
2014-02-14 Fri 22:10 | URL | RPK [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-07-30 Wed 22:55 | | [ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-04-30 Thu 17:15 | | [ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-06-23 Tue 15:57 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。