気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

IC-2820Gを入手しました

今年の春にFT1Dを買ったばかりなのですが、今回、アイコムの
デジタルモービルトランシーバーのIC-2820Gを入手しました。
DSC_0184.jpg
FT1Dを使っていると、既に広く普及しているD-STARも使いたく
なってしまいまして…
もともとD-STAR用にはID-880を使っていたのですが、50Wモデルの
ID-880には大きな冷却ファンが付いていて、これが私にとっては
とてもうるさくて、固定運用で使うには難がある…ということで
ほとんど使わずにいました。
それにアンテナの関係からID-880を本格的に設置して使うには
それまでメインで使っていたFTM-350と入れ替えになるのですが、
それではスペック的にも吊り合わず、同スペックのIC-2820の
購入を検討し始めました。
調べたところIC-2820もID-880と同じく50Wモデルには同じ大きな
ファンが付いているとのことで購入を諦めようと思ったのですが、
どうも20Wモデルは50Wモデルより小さなファンになっているようで、
これなら問題なく使えるかも…ということで、送信出力も通常では
50Wも出すことも稀だったため、20Wモデルを購入してみることに
しました。

入手して早速確認したところ、やはり20Wモデルについている
ファンは小さなもの(40mmファンの10mm厚)で、50Wモデルに
比べればファンの動作音は小さいです。でも、やはり少し気には
なりますね…
FTM-350と比べると、受信範囲はIC-2820のほうが200MHz台も
連続カバーできていますが、FMやAMラジオは受信できません。
空線キャンセラーやMSKキャンセラーなどの受信機能については
同等ですが、ただIC-2820の空線キャンセラーは通話音声でも
少しスケルチが閉じてしまうことがあるようです…
またIC-2820でいろいろな無線を受信したい場合は、バンドの
切り替えにいちいちフロントパネルのダイアルを長押ししないと
いけないので、周波数を直接入力できるオプションのテンキー
付きマイクが欲しくなりますね。。。
フロントパネルはFTM-350のほうがケーブル1本でフロントパネル
内蔵のスピーカやマイクも使えるので便利です。ただFTM-350の
液晶は画面にスジなどが入りやすいですが、IC-2820のほうは
こういったこともなく液晶の品質は良いようです。

なおIC-2820をFTM-350と同じようにセパレートするために
オプションの吸盤式マウントベースのMBF-1も購入してみましたが
なかなかFBです。ただIC-2820の製造時期によっては初期付属して
いるフロントパネルのブラケットではMBF-1が使えないようですので、
この場合はショップに依頼すると取り寄せてもらえると思います。
FTM-350もなかなかFBなリグなのですが、しばらくはIC-2820を
使ってD-STARなどを楽しんでみようと思います。
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<WR3600のレポート記事が載りました | HOME | 今年もダクトの季節になりました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。