気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

FT1Dのデジタルモードを試してみました

八重洲のデジタルハンディー機FT1Dですが、ようやく免許状の
変更申請が完了しましたので、波を出していろいろデジタル
モードを試してみました。

まず初めに固定局同士で確認してみました。
音声/データ同時通信モードでは、やはりデジタル簡易無線と
ほぼ同じ感じの音質で聞こえてきます。ただオーディオ回路の
違いのためか、手持ちのデジタル簡易無線のIC-DPR1より
FT1Dのほうが、より自然な音質で聞こえているように感じます。
ここで音声フルレートモードに切り替えてみたのですが、
残念ながらその違いは小さかったです。確かに音質としては
音声/データ同時通信モードに比べて音の再現は改善されて
いるものの、よく聞いていないと気づかないかもしれません。

次に相手局が車で移動しながら交信してみました。
音声/データ同時通信モードでは、見通し範囲のある程度強い
信号であれば比較的通話が途切れることも少なく、安定して
聞こえてきます。
デジタル簡易無線では見通し範囲の強力な信号でも瞬間的な
信号の落ち込みに合わせてプツプツと切れてしまうのですが、
FT1Dではそのようなことも少なく感じます。
ただし、信号が弱くなってくると音声の化けが発生します。
初めはちょっと違和感を感じる程度なのですが、更に信号が
弱くなると音声とは似ても似つかぬ音が出力されてきます。
この点は信号が弱くなっても何かしらの音声は出力されるので
良いとは思いますが、ただギリギリの信号状態では頻繁に
音声が化けるためストレスを感じます。
ちなみに音声/データ同時通信モードで少し取れにくいなと
感じるところでは、音声フルレートモードではBUSYランプは
点灯するものの音が出てこない状況でした。

結果的には音声フルレートモードの音質は期待したほどでは
ありませんでしたが、音声/データ同時通信モードでは
ある程度の信号強度がある範囲ではデジタル無線にしては
安定した通話が可能と思いますので、ぜひこの通信モードを
使ったデジタルワイヤーズにも期待したいところです。
ちなみにデジタルモードにするとマイクの音が小さくなって
しまう現象があるようです。この点はぜひファームアップで
改善してもらいたいですね。
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今年もダクトの季節になりました | HOME | 道路公団のデジタル方式が判明>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。