気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

FT-1900入院

先日購入して修理したIC-R100ですが、予想に反して、なかなか使い
心地が良く「これを常時受信に使って劣化させるのはもったいない!」
っということで、消防の常時受信にはFT-1900を復活させて、IC-R100は
別にアンテナをつないで必要なときに使うという方向で進めようと用意を
していました。
しかしFT-1900の電源を入れてもスケルチが開かず、かろうじて信号が
聞こえる程度に感度が悪くなってしまっていました。1週間ほど電源を
入れなかったら機嫌が悪くなったようです(汗
ただこのFT-1900は以前から調子が悪く、信号にボソボソとノイズが
入ってしまう症状があり、この症状が悪化したようです。設定で
FM-Nに設定すると症状が良くなることから、通常帯域のIFフィルタが
壊れたものと考えられます。
まだ保証期間内のため以前から修理に出そうと思っていたのですが、
症状が再発しない可能性があり様子を見ていました。しかし今回は
確実に症状が出るため、保証が残り1ヶ月を切っていましたが直接
八重洲無線へFT-1900を送って修理に出すことにしました。
FT-1900はスケルチ動作にヒステリシス特性がないため少し深めに
かけておかないとスケルチがバサバサとなりやすい欠点がありますが、
そのほかは快適ですので修理から帰ってきたらもう一仕事してもらう
予定です。
DSC_0016.jpg
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<私鉄空線信号を少し解析 | HOME | ICOMのIC-R100を中古で入手>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。