気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブルートゥースのインカムを入手しました

いよいよゴールデンウィークに突入しまして、皆さんはいかがお過ごしで
しょうか?
私もなかなか仕事が忙しかったのですが、ゴールデンウィークになって
ようやく自由な時間ができました。金銭的にも若干の余裕ができたことから、
以前からの念願だったバイクのヘルメットに装着するブルートゥースの
インカムを入手し、走り込んでいろいろ試しています。
今回入手したのはハムショップでも取り扱いのあるサインハウスのSB213です。
さっそく新調したヘルメット(SHOEIのMULTITEC)に取り付けてみました。
なおFTM-10Sにはフロントパネル内にBU-1を組み込んであります。
DSC_0164.jpg
初めにFTM-10SとSB213はペアリングを行うのですが、これは問題なく
出来ました。しかし受信音を確認してみると何を言っているのか確認できない
ほど音が変で断裂している状況に…
そこでSB213のファームウエアをアップしました。ソフトをネットから
ダウンロードして実行、ファームをアップしたところ、問題なく使えるように
なりました。
ただ実際に使ってみるとまだ問題が発覚。これにはFTM-10Sの設定を以下の
ようにすることで対処しています。
・FTM-10Sの音量は大きめに
FTM-10SとSB213の距離が少し開く(50cm程度)と「ビー、ビーー」という
ノイズが入るようです。そこでFTM-10Sの音量を大きめに設定してSB213の
音量を下げることで、ノイズを小さくして気にしにくくするこができます。
・機能設定F7のBLU SAVEをOFFに
メーカーがSB213の相性確認をしたPDFにもあるのですが、FTM-10Sの
ブルートゥースのバッテリーセーブ機能をOFFにしないとSB213が使えなく
なってしまいます。
・機能設定F19のMIC GAINをMINに
上にも書きましたがFTM-10SとSB213の距離が開くとノイズが入りますが、
これは送信時にSB213のマイクからFTM-10Sへ送る間にも同じものが入る
ようです。またそのままでは過変調気味ですので、設定でマイク利得を下げて
変調レベルを下げるとともにノイズのレベルをできるだけ下げます。

これでようやく使えるレベルになってきたので、実際に走行して使ってみました。
インカムの音質ですが無線使用時(HSPでの接続時)の音質は少し声がおかしい
かな?と思う程度で、AM/FMラジオと外部音源の場合(A2DPでの接続時)の
音質はそこそこ良いです。
またマイクはノイズキャンセルが入っているためか、走行音が入らずたいへん
クリアです。
気になっていたPTTはフロントパネルについているもので操作が可能ですので、
現在のところ別途PTTスイッチをつける必要はなさそうです。なおSB213のボタン
でもPTTを操作できますが、ボタンが固いためあまり実用的ではなさそうです。
電池の持ちは良いようで、現在のところ6時間のツーリング(外部音源を聞きながら
無線を待機)でもまだ使えそうなほどです。
SB213の本体がちょっと大きくFTM-10Sの電源切断に対するSB213の再リンクには
少し問題もあるようですが、ワイヤレスでステレオ音楽が聴ける点を考慮すれば
我慢できそうです(汗
ということで、これからはより快適なバイクモービルを楽しめそうです。
スポンサーサイト

無線 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<APRSメッセージソフトを試作しました | HOME | 特にソフトの進捗はなく…>>

この記事のコメント

KGさんのマイクを見て私もシャックで使うヘッドセットを作りました、PC用のヘッドセットですが、直接リグに接続できないので、リグとのアダプターをネットで調べて作りました。
ヘッドセットを付けながらACARSを見ていると管制官みたいですね?
2012-05-10 Thu 21:52 | URL | 123.9 [ 編集]
お手ごろな無線用のヘッドセットってなかなかありませんよね。
確かにパソコン用のを流用したほうが、いろいろ好都合かも
しれませんね。
ぜひ管制官気分を楽しんでください。
2012-05-13 Sun 22:05 | URL | K.G [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。