気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

FT-1900を購入しました

24時間、地元消防波の受信用に使っていたICOMのIC-229が感度低下
しました。いろいろ基板を見てみるも原因は不明で、恐らくIFフィルタか
検波IC、もしかしたらRFアンプのFETがおかしくなったのかなと思うも、
この時期の無線機は基板上に子基盤を立てて配置する格好で電圧などを
確認するにも手が届かない状態です。そもそも交換用の部品が入手できるか
どうか分かりません。。
もともと使っていたミッキーのMK-2000(VHF帯受信機)を引っ張り出して
みるもこちらも不調で、しょうがないので新しいものと買い換えることに
しました。
しかし、しばらく中古市場を見ていても144MHzのモノバンド機はなかなか出て
きません。それに中古品は以前にどのような使われ方をされていたのか
わからないので、とりわけ古い機種は今回のように故障するケースもあります。
そこで、ここは奮発して新品を購入することにしました。以前から受信用に
使うにはシンプルでよさそうだなぁと思っていたバーテックススタンダードの
FT-1900です。

DSC_0016.jpg

さっそく地元消防の周波数を入力。メモリーネーム機能でチャンネル表示に
してみました。もともと業務用の風貌があるリグなのでなかなかサマに
なっています。
キーが6つしかないシンプルなリグですが、CTCSSやDCSを標準で搭載しており、
設定も57項目もあるので基本スペックは高いです。液晶の視認性も良く不要な
表示も少ないのでほとんど同じ周波数をモニターする用途には便利ですね。
ただスケルチはこの時期の無線機にはめずらしい、スケルチヒステリシスが
ないようです。スケルチがかかるぎりぎりのところでは、受信音のON/OFFが
断続的に発生します。ただスケルチの感度はよさそうですので、スケルチを
ある程度深くかけても弱い信号は出力されるようです。
とりあえず、しばらく使い込んでみようと思います。

しかしモノバンドモービル機のようなシンプルさ&低価格の受信機があれば、
迷わず1台買ってしまうだろうなぁと思うところです。。
最近の私のシャックではバーテックスが優勢で、アイコムが劣勢になって
きました。。。
スポンサーサイト

無線 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<新KG-TONE着手中です | HOME | タクシーのAVM解析が完了>>

この記事のコメント

新しい機材は、良いですね私のIC-PCR2500も不調で、電源が入っているのに立ち上がりません。修理に出さなければならないかな~。
PCR2500に代わる、おすすめの機材は、ありますか?
2011-11-21 Mon 00:46 | URL | 123.9 [ 編集]
IC-PCR2500は発熱が大きいため稼動時間が多いと電源の
部品が壊れるという話をどこかで聞いたように思います。。
受信機ではないのですが、私が使っている無線機の中でも
バーテックスのFTM-350はなかなか良いと思います。
エアバンドはUHF帯でも2波同時受信ができますし、
狭帯域のFMにも対応している(これも2波同時対応)
のでUHF帯の業務無線も良好に受信できます。パケット端子
からになりますが検波信号もなかなか良好です。
ただスケルチの調整がやや粗いことやMSKの空線キャンセラー
がないこともありますが、アマチュア無線のAPRSも楽しめる
のでなかなか遊べる1台だと思います。
2011-11-21 Mon 23:27 | URL | K.G [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。