気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タワーのGPが破損…

現在AR5001Dは本格的な実践使用をしていますので、また詳しい
レポートは後日しようと思っています。
AR5001Dを購入した際に貯まったポイントを使って、FTM-350用に
ノンラジアルのGPアンテナを購入して設置してみました。
DSC_0078.jpg
アンテナは第一電波のVX30です。APRSとローカルQSO用にこのアンテナを
選択したのですが、なかなかスマートな外観で、感度もモービルアンテナに
比べて良いみたいで気に入ってます。
VX30の設置で満足していると、タワーに上げたGP(第一電波のX7000)の
調子が悪いことに気づきました。。2mを受信しているとバサバサと信号が
強くなったり弱くなったり。。SWRを測ると2.0近くなっていました。
ただ430や1200はあまり問題はありません。。
新しいのを購入するか悩みましたが、とりあえず予備に持っていたX7000と
交換しようと、今日タワーに上がって交換しました。
とりあえずおかしなX7000を下ろして確認してみると、なんと中のエレメントが
折れていました(泣
DSC_0050_20111010175715.jpg
上が壊れたもの、下が予備のものです。場所は一番上段のエレメントです。
導体が内部から破裂したような感じになっていて、「もしや雷にやられたのか?」
と思いましたが、どうやら水が入って錆びたようです。。導体を固定するスポンジが
しめっていて、このスポンジの部分で折れてしまっています。
どこから水が入ったのか見てみると、アンテナの一番上についている金属性の
カバーに隙間がありそうな様子です。
DSC_0071.jpg
左が破損したGP、右が予備のものです。
グラスファイバーのポールの直径が少し小さいような?気もしますが、
ここから水が浸入したものと思われます。。
とりあえず予備のX7000はこの部分も含めてジョイント部分をテーピングして
タワーに上げました。
ただこの予備のX7000も、もともとはタワーに上げていて風が吹くと
信号が切れる現象があっただけに、長持ちはしないかもしれません。。
スポンサーサイト

無線 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<AR5001Dを使ってみた(サーチ&スキャン編) | HOME | AR5001Dを使ってみた(気になる編)>>

この記事のコメント

電波は、アンテナが命ですね!わたしも、メインアンテナのD747のノイズが大きくて悩んでいます。HFのアンテナも新しいLOOP10を制作予定です、まだ部品は、そろっていませんが、年内には、作りたいです。
HFのセルコール受信データが記録できる機能を次回のバージョンアップ時に入れて頂ければ嬉しいです。
2011-10-10 Mon 22:19 | URL | 123.9 [ 編集]
HF帯のノイズはけっこう身の回りの機器からも出ていますので、
ノイズの発信源を探してみるのも一つの手ですね。私の家では
パソコンやエアコン、ゲーム機などから出ていました。
セルコールの件、ご要望をいただきましてありがとうございます。
次回バージョンアップ時にも検討してみたいと思います。
2011-10-12 Wed 23:09 | URL | K.G [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。