気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AR5001Dを使ってみた(外観編)

とりあえず受信性能に関しては現在も見ている状態ですので
まずは外観などからレポートします。。
DSC_0011.jpg
前面のデザインはどちらかというと角張った平面的な印象があります。
プロの現場でラックに納まっていてもまったく違和感のない作りです。
キーアサインはAR5000とほぼ同じです。追加されているスペアナや
HF帯とのデュアル受信機能などの多くはキーの長押しで呼び出せます。
ただAR5000にあったコードレスの子機側などの周波数に瞬時に切り替える
オフセット機能はなくなり、その代わりに同じキー操作で2波受信機能
(25MHz以上)が呼び出されます。
ダイアルなどはラバーではなく滑りにくい質感のプラスチックで覆われて
います。
ヘッドホン端子はミニタイプの3.5φステレオとなっています。6φの
標準タイプではないのは見た目的に少し残念ですが、最近のヘッドホンの
状況(ほとんど3.5φが標準)に合わせたものと思われます。
DSC_0014_20110928211129.jpg
背面のアンテナ端子はすべてN型になりました。なおHF帯の受信は
2番端子のみとなりますが、2番端子でもV/UHFは受信が可能です。
ただ私はすでに1番端子がV/UHF用のディスコーンアンテナ、
2番端子がHF用のT2FDアンテナと決まってしまいました。。
IFは10.7MHzではなく45.05MHzとなっているので、接続する機器には
注意が必要です。10MHzのリファレンス入力用SMAコネクタの右側に
あるものは、電源ケーブルが抜けないようにするためのケーブル
クランプです。Line Out端子からは12kHzオフセットI/Q信号も出るようです。
BタイプのUSB端子は制御用のパソコン接続端子となっていて、ドライバは
付属CDに入っているようです。
DSC_0006_20110928211656.jpg
手持ちの固定型受信機を並べてみました。左からAR5000A、AR5001D、
IC-R8500となります。大きさはAR5000とIC-R8500の中間になります。
奥行きはIC-R8500にほぼ近いですので、なかなかの長めボディーです。
DSC_0002_20110928212007.jpg
AR5000とAR5001Dのフロントの比較です。AR5001DではAR5000にあった
スピーカの開口部がなくなっているので、フロントパネルは広くなっています。
なおAR5001Dはキャリングハンドルと側面のゴム足が標準装備で、重さは
約5kgとなっています。
DSC_0028.jpg
最後に説明書なのですが、これは製本されたものではなくクリアファイルに
入ったものでした。これまたプロっぽい雰囲気がありますが、DSPやCPUの
ファームアップに臨機応変に対応するためか、はたまた出荷台数の少なさを
考慮したのかは不明です。。
さて、購入したら早速いろいろ使いたいとことですが、購入状態では
バンドプランがUSA仕様になっているので、コンフィグ設定でJAPANに
してから使用を開始することをお勧めします。。
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<AR5001Dを使ってみた(お気に入り編) | HOME | AR5001Dを入手しました!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。