気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AR5001Dを入手しました!

ついに今年の目標だったAORのAR5001Dを本日入手しました!
DSC_0311.jpg
当初はオプションのIQボードも入れる予定で進めていたのですが、
直前になって検討したところ将来ドライバがどれくらいまで
サポートされるか不明なことなどから今回は入れないことにしました。
今後必要があれば追加で入れたいと思っています。
さて、箱から出した第一印象は「デカイな~」ということでした。
AR5000よりもどっしりとした感じです。ただ測定器を彷彿とさせる
感じで、プロ指向の雰囲気があります。
早速、今日1日を使ってHF~3GHzまでいろいろ受信してみました。
まず音量とスケルチはロータリーエンコーダーになっていて、
回すと画面に設定値が表示されます。またスケルチは基本的には
いわゆるSメータースケルチになっています。通常のノイズスケルチ
もかけられますが、実際にはSメータースケルチで問題ありません。
受信周波数は40kHz~3.15GHzですが、下はきっちり40kHzでその下は
受信できません。AR5000では5kHzまで受信できるのですが、40kHz以下
には対潜水艦の電波が出ているので受信できないのは少し残念です。
メインダイアルはAR5000に比べて大きくなっていますが、操作的には
AR5000と同じ感触でHF帯でダイアルをグルグル回す選局には、あまり
向かない感じです。
AR5000で問題になっていた航空無線を聞くときにAGCの関係で聞きにくい
現象がありましたが、これはほとんど解決されているようです。ただAGCは
Fast、Middle、Slowの3種類のみで、DSP無線機にある時定数の連続可変
設定などはできません。
今日使ってみたところでは若干クセのある感じはありますが、HFから
UHFまで本格的な受信が可能なレベルに仕上がっています。これは
コアな受信マニアでも満足できる、間違いなく受信機としてはトップに
位置付けられるスーパー受信機でしょう!
今後は使った感じを随時ブログでレポートできればと思っています。
スポンサーサイト

無線 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<AR5001Dを使ってみた(外観編) | HOME | ラジオライフに出ました>>

この記事のコメント

小生も、購入したいと思っています。ぜひレポートをお願い致します。別の人のブログでは今ひとつの評価なので、気になっています。アペックスラジオから35GRというのが出ていますが、こちらはどうなんでしょうね。
2011-09-28 Wed 05:34 | URL | とち [ 編集]
レポートはできるだけやってみようと思っていますので、
気長に待っていただけると助かります(汗汗
35GRも気になる固定受信機ですよね。ただAR5001Dの方が
基本的には上だと思います。ハード的には35GRは従来の
アナログで、一方のAR5001Dはデジタルとなりますので
AR5001Dはフィルタの追加なしでいろいろ受信できます。
他にもスペアナ機能など、AR5001Dはよりコアなユーザー
向けと言えると思います。
2011-09-28 Wed 22:01 | URL | K.G [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。