気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いよいよ明日。。。

いよいよ明日、アナログテレビ放送が終了し停波します。
無線界の歴史的出来事として、その瞬間を見ようと
IC-R8500にテレビアダプタのTV-R7100を接続して
モニターしてみようと思っています。
今日の昼にはすでにこのような画面になっていました。
DSC_0001_20110723211503.jpg
停波のプロセスとしては、明日の昼からアナログテレビ放送の
終了内容を示すテロップ画面に切り替わり、日付が変わるまでに
電波が停波するようです。

私も含めた無線受信愛好家には、従来の広帯域受信機で
テレビ音声をモニターできなくなってしまうため、少し不便に
なるのかなと思います。
ただアナログテレビ放送が停波することで良いこともあります。
デジタルテレビ放送は全てUHF帯を使用するため、アナログテレビが
停波することでVHF帯周辺の無線の混変調が低下すると思われます。
とりわけ航空無線はVHFチャンネル(1~3ch)の上にあるため
テレビ放送波によるビーっという音やガサガサという混変調が
専用のバンドパスフィルタをつけなくても解消されるのでは
と思います。
またプリアンプを購入したが逆に受信が悪くなった…という現象も
改善されてくるのではないかと思います。
ただテレビ放送の電波自体はUHF帯に移っただけなので、
今度はUHF帯の受信に影響が出なくもないと予想されます。。

国家としても一大イベントとして取り組んできたテレビ放送波の
アナログからデジタルの切り替えですが、通信技術は日々進歩
しているので、私の生きている間にも1・2回ほど、同じような
ことがあるのではないかと予想しています。。
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アナログテレビ放送停波 | HOME | 暑さで開発進まず…>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。