気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

D-STAR信号のデコード

前回のデジタル無線検出プログラムの開発を本格的に
始めたわけではないのですが、今までの経験も試してみようと
12kHz I/Q信号からD-STAR信号をデコードするプログラムを
作成してしてみました。
dstar_dec.png
以前から手元に資料があったので、半日ほどである程度の
デコードプログラムを組むことが出来ました。
現在は音声と同時に送られているデータを解析しています。
このデータが解析できれば、D-STARでAPRSの位置情報を送る
DPRSに対応することができ、KG-APRSに花を添えられるかな?と思います。
ただ、このデータなのですがJARLが策定したものではなく、どうも
アイコムが独自で決めている仕様のようで解析作業が必要な様子です。
これには手持ちの無線機(ID-880)に付けられるGPS受信機も必要かなぁと
いったところで、購入するかどうかを検討しています。

なおデコードといってもパソコン上で音声を再生することはできません。
これにはどうしてもAMBEの音声処理ICを外付けでつける必要があります。
これはパソコンを使ったデジタル無線受信の共通の悩みですね。。
外付けとなるとICとのインターフェースも考えなければなりませんが、
時間があったら、ぜひ挑戦してみたいですね。
ただ、今後しばらくはデータの解析を進めてみる予定です。
スポンサーサイト

無線 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<暑さで開発進まず… | HOME | 最近気になるデジタル信号音>>

この記事のコメント

あの、AMBEって何ですか?
それがあれば、消防とか簡易デジタルなどが聞けるのですか?
2011-07-04 Mon 14:42 | URL | abcbasa [ 編集]
AMBEとは音声信号をデジタル信号に変換、または
デジタル信号から音声信号に変換する部品です。
部品ですので、これだけで聞けるようにはなりません。
また無線によって使う音声信号のデジタル化の方法は
異なりますので、AMBEがあれば全てを聞けるように
なるというわけではありません。
2011-07-04 Mon 17:35 | URL | K.G [ 編集]
なるほど、AMBEというのは、1つの部品なんですね。
でも、デジタル無線の音声を聞けるようになったらすごいですよね。がんばってください!!
2011-07-05 Tue 19:17 | URL | abcbasa [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。