気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

イレイジャー符号クリアしました

ここ1週間ほど苦戦していましたリードソロモン符号の
イレイジャー訂正ですが今日になってようやく実現できました。
いろいろ国内のWebや書物なども取り寄せて調べたのですが
これといったものがなく、結局海外のWebにある情報を総動員
することで自由にデコードプログラムを組むことが出来ました。
さっそくKG-VDLに組み込んでデコードのチェックをしました。
手持ちのサンプル信号で約6%のデコード率がアップしました。
VDLでのエラー訂正はどちらかというと保険的な役割が大きい
ので大きな効果は期待できませんが、しかしパルスノイズが
ある場合などでは効果があると思われます。
これにて今回のエラー訂正の習得は一旦終了とします。
畳み込み符号の復号もできるようになったので、今回は
とても成果があったように思います。
これで当分はエラー訂正は恐くならないと思います。。(汗
今後の予定はこのままKG-VDLの検証を少し進めた後、
KG-APRSのリリースに向けた調整に入りたいと思います。
スポンサーサイト

雑談 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<KG-VDLコンパクト化 | HOME | 県防災ヘリ撮影失敗。。>>

この記事のコメント

VDLの改良お疲れ様です。最近は時間帯によってVDLの機材が多いようですね。
ACARSのGROUNDステーションが「SHIBI」が多いのですが、HANEDAの事ですかね?
ANAの787は、VDLを発砲するのですかね~
楽しみです。

2011-06-09 Thu 22:04 | URL | 123.9 [ 編集]
VDLの時間帯による受信頻度の偏りはVDLを使う機材が上空に
集まってきているためと思われます。全体的にVDLを使う
機材が多くなってきているのは確かですね。
またB787もVDLを使う可能性は高いと思われます。これは現在
航空各社が新規導入しているB737とまったく同様のパターンに
なるのではと思っています。
ただ航空デジタル化の主導役といえる欧州方面の機材の
VDL使用率ががなかなか高くならないのは、やはり経済的な
ところを感じさせますね。。
2011-06-11 Sat 00:04 | URL | K.G [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。