気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

県防災ヘリ撮影失敗。。

今日もエラー訂正についてどうしようか検討していると
24時間常時受信している消防無線で山岳救助も担当する
指揮車両が山に入った模様。。
妙高連山では2週間前にも遭難事故が発生して消防や
警察、そして新潟県の防災ヘリも出動しました。
引き続き無線をワッチしていると我が家から一番近い
ヘリポートへ安全管理のため消防車がでたり、
先の指揮車両から山の天候を確認する無線が入るなど
防災ヘリが来るのは間違いなさそうな状況です。
しばらくすると新潟県の消防共通波で新潟県防災ヘリが
ヘリポートの安全管理隊に着陸の件を連絡してきました。
通常、防災ヘリはそのまま山へ向かうので先にヘリポート
に着陸するのは普通じゃないなぁと思っていると、
ヘリポートから離陸したヘリが我が家上空を通過。。
DSC_0019_20110603235938.jpg
これは空港へ帰還する前に再度ヘリポートに着陸するヘリを
間近で撮影するチャンスかも!?っと思っているとヘリから
ミッションコンプリートは10分後と連絡が。。早すぎる!!
ヘリポートは車で約10分ほどの距離です。
急いで準備して出発するも国道に出た時点でヘリポートへ
向かう無線が。。しかもこんなときに限って60km/hの国道を
50km/hで走行する高齢者車両が。。。
結局ヘリポートについたときにはヘリはすでに新潟空港へ帰還して
しまった後で安全管理の消防車両のみになっていました。。(泣
どうも今回のフライトは妙高山から流れ出る川の調査だったようで、
調査員をヘリポートで乗り降りさせたようです。

ということで見事に撮影失敗しました。。
今回のことを反省すると、撮影には以下のような判断で動けば
成功しそうな予感です。
①ヘリが共通波でコンタクトしてきたら撮影の機材準備。
(要救助者が見つからなかった場合は帰還前に給油のため
ヘリポートに着陸しますが、要救助者が見つかった場合は
病院のヘリポートへ行く場合もあるので、どのヘリポートが
使われるかを確認)
②安全管理の車両が開局したら撮影に出発!
何よりも自分の予定などに捕らわれずアクティブに動く
機動性が必要になりそうです。。(汗
スポンサーサイト

雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<イレイジャー符号クリアしました | HOME | イレイジャー符号…>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。