気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

KG-APRS進捗

心配された花粉症もまだひどくならないので、
ここ最近でKG-APRSを少しずつ進めています。
とりあえず現時点のマップはこのようにできています。
kgaprs_map.png
アイコンを既存のAPRS用のものにして、クリックすると
経緯度などの詳細表示が可能となっています。aprs.fiと
同じ感じです。
ただアイコンは回転できていません。ソフト的に処理できると
スマートにできあがりますがなかなか難しいようで、
予め回転させた画像を用意する必要がありそうです。
コールサインは青色が移動で緑色が固定(方位と速度情報がない)
で色分けしています。このほかにもオブジェクト情報は黄色で表示
します。
マップは視認性を向上させるためにモノクロで表示させていますが、
従来のマップや航空写真も表示が可能です。

APRSの受信は今まではサウンドデバイスに入力した1200bpsAFSK信号のみ
でしたが、今回RS232Cからの入力に対応させました。これで無線機で
受信したAPRSデータをKG-APRSで表示することが可能になりました。
現在のところKENWOOD TS-2000とFTM-350のデータに対応しています。
取説を見る限りではICOMのID-880にも対応できそうでD-STARでの
GPS-Aデータもマップ表示が可能かもしれませんが確認はできていません。
このほかの無線機やTNCではフォーマット違いでKG-APRSに取り込むことが
できないかもしれません。
FTM-350では写真のような変換ケーブルを作成すると9600bpsと1200bpsの
データを同時に見ることが可能になります。9600bpsは無線機でデコード
してRS232C経由でKG-APRSに入力、1200bpsはパケット端子の1200bps信号
をパソコンのサウンドデバイスに入力してデコードとなります。
DSC_0270.jpg
なおこのケーブルで9600bps信号も取り出せるようにしましたが、
AIS信号のデコードもFTM-350で可能でした。
ピンアサインは取説(APRS編)の後ろに記載があります。

また今日進めたところではサウンドデバイスでのデコードで9600bpsの
パケットにも対応できそうです。ただ検波信号に対するオーディオ特性の
関係からデコード性能に関しては無線機でデコードしたほうが性能は
良いようです。この点については12kHz I/Q信号に対応させてカバー
したいと思います。
スポンサーサイト

KG-APRS | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<12kHz I/Qの2波に対応しました | HOME | お見舞い申し上げます...>>

この記事のコメント

素晴らしいですね!!

KG-ACARSに出会った頃から、いつかAPRSとのコラボもあるのでは?と
楽しみにしていましたが、OMに作って頂けると本当に素晴らしいソフトになりそうです。

3月中、年度末だったので見に来れなかったのですが、
KG-APRSの製作も進んでいたようで当記事を読んでワクワクが止まりませんww


先日友人がFTM-350Aを買い、設定依頼と
GPS接続ケーブルの製作依頼が来たので対応してきました。
結構350も弄ると面白いですね(笑
2011-04-07 Thu 01:50 | URL | JN4OQT [ 編集]
コメントをいただき、ありがとうございます。
FTM-350はなかなかいいリグですね。航空無線(UHFも含めて)
の2波受信ができるところなんかもすごいですね。
ただRS232Cを使ってパケットを受信するとステータス情報で
角度データ?(DXデータで距離の次にある角度情報)が
あると正常にRS232Cに出力できないバグが無線機にある
ようです。
無線機自体でもステータスの受信情報を見ると角度の後に
ヘンな文字(〓)が表示されています。
バグなような気がしますが現在様子見状態ですね。。
2011-04-15 Fri 23:04 | URL | K.G [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。