気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

各受信機SSB通過特性

昨日、SSB受信機の通過帯域幅を話題にしました。
そこで今日はもうちょっと深く調べてみました。
無線機の内部ビートをSSBで受信し、
受信周波数を変えたときの出力周波数特性をとってみました。
本来は標準信号発生器で無変調波を入れるのがいいのですが、
そのような高価な機器はないので…。
また、この特性はAF系の特性も入ってくるので、
一概にフィルタの特性とは言えません。
はじめに、HFDLのデコードでなんだか??な受信機の特性。
icr8500.gif
I社製固定型ハイエンド受信機、フィルタ特性は2.2kHz/-6dB
赤線が周波数特性になります。
これを見るとHFDLの必要通過帯域1.8kHzは満足していそうです。
しかし低周波にピークがきており、それ以降は減衰しているようです。
なにか見た目-6dB/octな感じもしますが…。
HFDLの上限周波数2.34kHz付近ではピーク時に比べると-8dBも落ちています。
ソフトデコーダが要求するのはフル・フラットな周波数特性です。
この右肩下がりの特性がHFDLのデコード率を低下させている可能性があります。
続いてHFDLをばりばりデコードしてくれるこちらの受信機の特性。
ar5000a.gif
A社製固定型ハイエンド受信機、フィルタ特性は2.4kHz/-6dB
この受信機の特性はすばらしい!の一言です。
2.34kHz付近ではピーク時に比べると-3dBの減衰。
しかし全体に周波数特性は-3dBの範囲内に入っており、なおかつピークの周波数が
HFDLの搬送波周波数である1.44kHz付近にきています。
これならHFDLの受信に問題なさそうです。
そして最後はDSP受信機の特性。
ic7000.gif
I社製ミドルクラストランシーバー、通過帯域幅は3kHz
「DSP受信機ならフル・フラットの特性に間違いないでしょう!」
という期待とはすこし違いました。
たしかにフラットな場所はあるもののじわじわと右肩下がり、
2.34kHz付近ではピーク時に比べると-5dBの減衰でした。
たしかに3kHzでずばっと切れていることはわかりますが…。
低周波を強調するのがこのI社仕様なのでしょうか…?
しかしこの受信機ではHFDLのデコード率はなかなかいいです。
ということで3台の受信機を見てみましたが、
HFDLのデコードには通過帯域幅よりも、
周波数特性が問題になる可能性が大きいことがわかりました。
スポンサーサイト

HFDL | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<KG-HFDLについて | HOME | HFDL2波受信対応>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。