気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

HFDL2波受信対応

最近はHFDLのデコード率向上に知恵をしぼっています。
といいますのは、誤り検出を入れたところ、
やはりエラーなデータがぼろぼろと…。
ビット誤りを表すのに誤り率というのがあるのですが、
この値が0.2(データの40%がエラー)でも、
先週掲載した中国付近のようにきれいにでてくれるんです。
「それだけ誤り訂正が効いてるのか!ビバ誤り訂正!!」
と喜んでいたのですが、誤り検出を入れると
やはり誤り率0.05以下は欲しいところです。
そのへんをいじりながら、今週はHFDL2波受信にとりあえず対応。
今朝ハワイの信号を受信したのがこちら。
hfdldldl.gif
日本からアメリカ方面へ向かう軌跡がきれいにとれました。
ところでHFDLにはSSBの受信機が必要ですが、その帯域幅で今日?な状態に。
というのはHFDLは1.44kHzの搬送波に1800baudでPSK変調されていますが、
1800baudの(ベースバンド)伝送に必要な最低帯域幅は900Hzです。
しかしこれにPSK変調を加えるので1.44kHzを中心に両側波帯に900Hz、
すなわち実際の伝送帯域は0.54~2.34kHzが理論上必要です。
しかしSSBの受信機では中には2.2kHz/-6dBという帯域幅が。
これでは上の周波数がちょっと厳しいカモ…と。。。
うーん、でもスペクトルを見る以上そんなに問題なさそうですが…。
もうちょっとリサーチが必要ですね。
ところでHF-ACARS受信ソフトの名前はKG-HFDLになりそうです。
大きな課題はクリアしましたが小さくてめんどくさい課題を消化中です…。
スポンサーサイト

HFDL | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<各受信機SSB通過特性 | HOME | とりあえず遊んでみました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。