気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ラジオゾンデのデコードソフト出します

昨日ブログに載せましたラジオゾンデのデコードソフトですが、
近く公開する方向で現在作業を進めています。
昨日のブログに載せましたように、
どうも今回は私だけの力では完成度を高めるには
なんとも難しそうな状態です。
そこで受信したデータを解析できるようにして、
お力のある皆さんに解析してもらってはどうだろうか!?
ということで急遽公開することにしました。
現在このようにソフトを調整中です。。。
kgrs.png
画面右上のように、現在のところ気温などのデータは
センサーの値ではっきり「何℃」とまでは判明していません。
グラフも補正をかけていないので変に曲線だったりします。
そこで皆さんのお力をお借りできたら幸いと思います。
解析用のデータはテキストファイルまたはCSVファイルにて
出力する予定です。
ソフトは48kHz16bitのステレオサンプリングで、
必要な信号はFM検波信号か12kHz IF信号です。
現在のところ両方の信号ともDJ-X11が使えます。

ということで、今回は皆さんのお力でこのソフトを
より良いものに育ててみませんか??
もちろんご協力をいただければシェアにする予定なんて
まったくありません!!
空の状態をリアルタイムで見ることができるので、
教育や学習にも役に立つと思います。
最近は宇宙の関心が高いですからねぇ…
とりあえず公開をお待ちいただければと思います!
スポンサーサイト

KG-RS | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ラジオゾンデデコードソフト公開開始! | HOME | ラジオゾンデのデータ受信>>

この記事のコメント

おお、これはおもしろそうですね。高層気象ってどうなっているのだろうと前々から思っていました。座標が出たら拾いに行ってみたいですね。と言ってもほとんどは海に落ちるみたいですが。
ところでステレオが必修なのですか?まぁあるからいいのではありますが。

宇宙と言えばCPDLCの受信とかひまわりとかISSの衛星回線とか…(笑 CPDLCは前々から気にしているのですが、一向に受信機が出てこないんですよね。始まったころはアメリカあたりですぐに出てくるだろうと思っていたのですが。
2010-06-21 Mon 01:52 | URL | [ 編集]
コメントをいただき、ありがとうございます。
先ほどソフトの公開を開始させていただきましたので、
ぜひお試しいただければと思います。
ヨーロッパではラジオゾンデを回収する趣味?な方も
おられるようです。
日本では海のほかにも立ち入りが難しい山間部も多いですので、
回収はチャンスがないとなかなか難しいと思いますね。

衛星の受信はパラボラアンテナやGHz対応の受信機などが
必要ですから、仮にできたとしても高価になると思いますので
販売しても数がでないために開発されないのだと思いますね(汗
200MHz帯のアメリカの軍事衛星のアナログ中継器が
勝手に使われたことには驚きましたが…(汗汗
2010-06-21 Mon 13:43 | URL | K.G [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。