気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

IC-229を入手しました

中古でICOMのIC-229という145MHz帯モノバンドモービルトランシーバーを入手しました。
DSCF0012.jpg
用途はアマチュア無線ではなく消防無線受信用です。
もともと私は24時間常に消防無線を聞いているのですが、
今まではYAESUのFT-4800を使っていたものの
144.64MHzのAPRSがイメージ周波数のためか
度々混信してきて耳障りなため何か代わりの受信機や
無線機を探していました。
24時間受信のため壊れても心的ダメージの少ない(?)安い中古品で
ファンレスのものというのが条件でした。
そんなときに某ハムショップで見つけたのがこのIC-229(10W品)でした。
まずはこのルックス。いかにも無線機な風貌がGoodです。
しかもJなし品。改造の処置の有無はヒミツです(汗
コンパクトなわりには視認性が良好で、表示もシンプルです。
価格はちょっと高い12kでしたが箱つきで使用感の少ないものでした。
サービスマニュアルをインターネットで検索して入手、
基準周波数が1kHzほどずれていたので調整しました。
この時期の無線機にしてはBPFに電子同調回路が採用されているので、
バンド外でも感度を維持できていると思われます。
こんな早い時期から電子同調式のBPFが使われてたんですね。
ただスケルチ感度が若干悪いようで音声がなんとか聞き取れるくらい
の信号ではなかなかスケルチが開いてくれないようです。
でも実用上はほとんど問題ないと思うのでしばらく使ってみて様子を
見ようと思っています。
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現在の開発状況 | HOME | QFH137を入手しました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。