気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

デジタル気圧計+温度計を作ってみました

常日ごろ、Windowsアプリケーションだけではなく
CPUやPIC、CPLDのプログラミングもしてみたいなと思っていた私ですが、
今までライタやコンパイラなどを揃えて習得するのは
ちと一苦労だなぁと思っていてなかなか手がでませんでした。
(プログラムばかりしている私ですが、本来はハードメインなのです)
しかし秋月電子通商のWebで最近アップされた
mbed NXP LPC1768評価キット
なんと、USBケーブル1本でプログラムの書き込みから
パソコンとのデータ交換もできてしまう上、
開発言語がC++という、私にとってとても敷居の低いCPU基板が登場!
お値段がちと高くてちょっと悩みましたが即注文しました!
せっかくなので前から気になっていた同じく秋月で扱っている
デジタル気圧センサも入手して、気圧計を作ってみることにしました。
初めてのCPUプログラミングで表示でねぇ、気圧データ受けねぇ…
の苦労の連続でしたが、8時間くらい格闘(汗)してようやく動きました!!
DSC_0204.jpg
センサーには温度計(本来は気圧計の温度補正のために入っているようです)
も内蔵されているので、同時に温度も表示してみました。
当地は標高360mほどあるので、若干気圧が低いようです。
このデジタル気圧・温度計を作るには以下の材料を揃えます。
mbed NXP LPC1768評価キット
気圧センサー SCP1000-D01モジュール
LCDキャラクタディスプレイモジュール 16×2行バックライト付 白抜き
三端子レギュレーター5V1A (低ドロップタイプ) TA4805S
ブレッドボード EIC-102J
電池ボックス 単3×4本 プラスチック 横一列 スイッチ付 リード付
・10kΩ半固定抵抗
です。すべて秋月で揃います。
5Vのレギュレータは液晶ディスプレイの電源用、
半固定抵抗は液晶のコントラスト調整に必要です。
センサーには3.3Vの電源が必要ですが、mbed基板から電源が取れますので
これを使うとよいと思います(上の写真では専用にレギュレータがついてますが…)
液晶は5V駆動ですが、信号ラインは3.3Vでも動作するようです。
肝心なプログラムですが、
まず液晶を表示させるプログラムはmbedのwebにソースがあるので、
これがそのまま流用することができますので、お手軽です。
メインの処理となるセンサーからデータを送受信するプログラムですが、
センサーのデジタルIO規格のSPIはmbedで直接受け渡しすることができますので
これを使います。
ただしちょっと癖があったので、使用にはちょっと注意が必要ですが、
なかなかシンプルなコードで動かすことができました。
ソースコードや製作記事は、時間があったらご紹介したいと思います。

このmbed、USBでパソコンとのデータ通信もできるので、
AMBEチップを接続してパソコンで復調したデジタル無線のデータを
AMBEに送って音声に戻すことができるかもしれません。
デジタル無線のデコードで現在のところ最も難点だと思われる
音声コーデックにはこの手で対処することができるかもしれませんね。
いやぁ、いよいよCPUも身近になりましたねぇ…
スポンサーサイト

電子工作 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<続デジタル気圧計 | HOME | APTデコードソフト開発中...>>

この記事のコメント

私も大昔、秋月電子通商でデジタル時計のキットを作りました。失敗して作動はしませんでしたが!今でもループアンテナを作ろうとして、本を買いましたが、諦めています。(悲しい!)
作るのって、楽しいですよね!!
ループアンテナのキットでもあれば、トライしたいです。
2010-02-28 Sun 23:28 | URL | 123.9 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。