気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

KG-MCA開発進行中

先日より着手しましたKG-MCAの新バージョンですが、
McAccessとJSMRのデコーダを搭載して
トラッキング動作の確認をしています。
kgmca_beta.png
対応機種もIC-PCR系のほか、
アルインコのDJ-X11にも対応します。
IC-PCRやDJ-X11などでは検波出力を使うことで
JSMRのデコードも可能になります。
ただIC-PCRは手持ちのIC-R2500の検波信号出力回路を改造して
動作確認をしているので、元の状態でJSMRのトラッキングが
できるかどうかはまだ未確認です。
またIC-PCR1000やIC-PCR100に対応できるかは、
プログラム上では対応できると想定して組んでいますが
実際の動作の確認は取れていません。
ICOMとAORの機種で復調出力が得られて、なおかつスピーカが鳴るもの
(IC-R8500やIC-R、AR-5000など)では音声出力を従来のPCから
ではなく、無線機自体のスピーカから出力できるようにすることも
できるようになります。
とくに問題がなければ今月中にリリースすることができそうです。

ジツはMCA無線で公開されずにお蔵入りしたソフトがあります。
その名も「東京消防庁新救急無線受令制御システム」です。
tokyo_fire.png
な、なつかしい…(汗
開発したのは今から8年ほど前、大学在学中のことでした。
皆さんご想像のとうり、東京消防の今は亡き395MHz帯新救急無線の
MCAシステムをトラッキングすることができました。
あらゆる救急無線通信のフリー・トラッキングのほか、
1~7方面か8・9方面の一斉放送や方面系を指定したり、
救急車を指定して受信することも可能でした。
昔はこれで一斉放送だけを聞いていて、
東京での火災などの発生を察知したものです…。
このソフトで快適なワッチライフをエンジョイしていたものの、
数年後にデジタル化されてお蔵入りになりました。
ちなみにこのソフトを作った最初の動機は、
「花見時期に発生する救急トラブル(アル中など)を聞きたい!」
というものでした(汗汗
スポンサーサイト

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パソコンご臨終 | HOME | デジタル画像伝送ソフトKG-STVアップロード>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。