気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

KG-APRS進捗

心配された花粉症もまだひどくならないので、
ここ最近でKG-APRSを少しずつ進めています。
とりあえず現時点のマップはこのようにできています。
kgaprs_map.png
アイコンを既存のAPRS用のものにして、クリックすると
経緯度などの詳細表示が可能となっています。aprs.fiと
同じ感じです。
ただアイコンは回転できていません。ソフト的に処理できると
スマートにできあがりますがなかなか難しいようで、
予め回転させた画像を用意する必要がありそうです。
コールサインは青色が移動で緑色が固定(方位と速度情報がない)
で色分けしています。このほかにもオブジェクト情報は黄色で表示
します。
マップは視認性を向上させるためにモノクロで表示させていますが、
従来のマップや航空写真も表示が可能です。

APRSの受信は今まではサウンドデバイスに入力した1200bpsAFSK信号のみ
でしたが、今回RS232Cからの入力に対応させました。これで無線機で
受信したAPRSデータをKG-APRSで表示することが可能になりました。
現在のところKENWOOD TS-2000とFTM-350のデータに対応しています。
取説を見る限りではICOMのID-880にも対応できそうでD-STARでの
GPS-Aデータもマップ表示が可能かもしれませんが確認はできていません。
このほかの無線機やTNCではフォーマット違いでKG-APRSに取り込むことが
できないかもしれません。
FTM-350では写真のような変換ケーブルを作成すると9600bpsと1200bpsの
データを同時に見ることが可能になります。9600bpsは無線機でデコード
してRS232C経由でKG-APRSに入力、1200bpsはパケット端子の1200bps信号
をパソコンのサウンドデバイスに入力してデコードとなります。
DSC_0270.jpg
なおこのケーブルで9600bps信号も取り出せるようにしましたが、
AIS信号のデコードもFTM-350で可能でした。
ピンアサインは取説(APRS編)の後ろに記載があります。

また今日進めたところではサウンドデバイスでのデコードで9600bpsの
パケットにも対応できそうです。ただ検波信号に対するオーディオ特性の
関係からデコード性能に関しては無線機でデコードしたほうが性能は
良いようです。この点については12kHz I/Q信号に対応させてカバー
したいと思います。
スポンサーサイト
KG-APRS | コメント:2 | トラックバック:0 |

お見舞い申し上げます...

まず東北関東大震災におきまして被害にあわれた皆様に
心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々と
ご遺族の皆様に対し深くお悔やみを申し上げます。

1000年に一度の大地震とも言われ、このような災害を私が
生きている間に経験するとは、正直ショックを受けています。。
しかしいつまでも塞ぎ込んでいるわけにはいきません。
今回の経験を元に、防災も見据えたソフト開発を今後も
続けていきたいと思います。
なお現在公開している当方のソフトで防災関係に使用できる
ものを下記にご紹介させていただきたいと思います。
いずれも無料でご利用いただけます。

KG-FAX
気象庁発表の天気図などを受信できます。
受信するには短波帯の受信機とアンテナが必要となります。
KG-NAVTEX
海上保安庁発表の海上航行に関する文字放送を受信できます。
津波情報や原発関連の情報が放送されています。
受信するには中波帯の受信機とアンテナが必要となります。
KG-STV
既存の無線機でカラー画像を伝送することができます。
FM/SSB対応で短波帯での伝送も可能です。

なお当方では大きな影響はなくライセンスキーの発行作業は
通常通り行っていますが、私の住んでいる新潟県でも計画停電が
予定されており、また取引先の銀行が東京のため時間帯により
ライセンスキーの発行が数時間ほど遅れる場合がありますので、
ご理解をいただきたいと思います。

より早い事態の沈静化と復興を日々、願っております。。
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

KG-NAVTEXアップロードしました

KG-NAVTEXですがバグ確認とreadmeの作成が完了しましたので
ファイルをアップロードしました。今回のバージョンもフリーです。
KG-NAVTEXのページはこちら
kgnavtex000.png
今回のバージョンではメッセージの確認のし易さに重点を置いています。
そのため旧バージョンにあったウォータフォールとアイパターン表示は省き、
スペクトルだけ確認できるようにメイン画面の右上に表示しました。
なおシンプルに徹した旧バージョンもダウンロード可能になっています。

今日発生した宮城県沖の地震による津波の情報も以下のようにNAVTEXで
放送されていました。

2011年03月09日13時49分 日本時
ナフ゛ツナミ83 オオサカ 090248
送信局 横浜
平成23年3月9日11時48分 気象庁発表
津波注意報発表
津波注意
 岩手県
 宮城県
 福島県
高い所で0.5m程度の津波が予想されますので注意して下さい=
>※現在は津波注意報は解除になっています

緊急ということで各基地局の時間枠以外で臨時に放送されていました。
なおメッセージの分類としては航行警報の追加事項に分類されていましたので、
新KG-NAVTEXでは「航行警報(追加事項)」に表示がされます。
KG-NAVTEX | コメント:0 | トラックバック:0 |

現在の開発状況

KG-AISの新バージョンをリリースして少し休憩をしているソフト開発ですが、
予定では次はAPRSソフトの開発を予定していますが
今月はいろいろ部品交換が予想されるバイクの定期点検やら
花粉症の私としては厳しい花粉の大量飛散が予想されている花粉シーズンに
突入(恐らく開発効率がかなり落ちます泣)するので本格的なソフト開発の
着手は少し遅らせる予定です。
ただ軽い作業に関しては少しずつ進める予定です。
現在作業中なのはKG-NAVTEXの新バージョンです。前々からやっている
ものの、別の開発を優先してきたので後回しになってしまいました。
ソフト自体はそこそこの完成度までできました。
kgnavtex_face.png
現在のKG-NAVTEXのデコードプログラムを使って、受信したメッセージを
基地局とメッセージの種別で分類分けして表示することができます。
ずっと受信状態にしておいて後でメッセージを確認するのに便利です。
なおシンプルな操作の現在のKG-NAVTEXも捨てがたいので、新バージョン
を出しても現在のバージョンをダウンロードできるようにする予定です。
なお今回の開発から画面デザインをクラシック固定からOS依存に変更する
予定で、デザインがなめらかで綺麗になります。

また基礎開発的なところではトーンスケルチとデジタルコードスケルチで
使用されているトーンやコードを判明するソフトを作成しました。
kgana001.png
このソフトでは信号の入力に12kHzオフセットI/Q信号を用いることで
トーンのほかにもデジタルコードも一瞬で調べることが可能になっています。
受信音声はKG-SDRのFM受信と同様にパソコンから出力されます。
また通常のトーンやコードを指定したスケルチ動作もさせることができ、
トーンスケルチではいわゆる逆トーンにも対応しています。
加えて秘話機能の特小にも対応するため音声反転式秘話の復元処理も
行いますので、会話が秘話だった場合に即座に対応することが可能です。
ほかにも空線やMSKキャンセラー、DTMFデコード、ATIS(簡易無線などに
使われている個別識別番号)のデコーダも考えましたが、キャンセラー
は現在の多くの受信機で動作可能であり、DTMFはアマチュア無線に限定され、
ATISは識別番号の詳しい内容(メーカーの識別もできるようですが…)が
不明なため今回は諦めることにしました。

KG-NAVTEXは少し使い勝手やバグなどを確認してからリリースとなります。
またトーン・デジタルコードのソフトは時間(と花粉症が悪化しなければ)が
あれば今春にもリリース予定です。
なお今後の大まかなソフト開発としては下記の順番で予定しています。
1.KG-NAVTEXの新バージョン(近々)
2.トーン・デジタルコードのソフト(今春)
3.KG-APRS(早くて夏頃の予定)
4.KG-HFDLの新バージョン(時期未定)
5.KG-SDRの新バージョン(時期未定)
?.デジタル防災/デジタル簡易のデータちょい見ソフト(構想)
?.AREXシステムに代わるようなソフト(構想)
?.ハム用ログソフト(妄想)
なお別のソフト開発のためにこの順番が変わったり、他の新しいソフト開発が
入ってくる可能性があります。またリリース時期はあくまでも予想です。
無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

KG-AISビルドアップしました

昨日バグの報告をさせていただきましたKG-AISですが、
バグを修正したビルドアップ版をbuild001としてアップロード
しましたのでお知らせします。
修正点は以下の通りです。

・ログの読み込みで中止できない点を修正
・ログの読み込み中にKG-AISを終了できるように修正
・線のみの描画がずれる不具合を修正
・デバイスの選択をリスト式からドロップダウン式に変更
・選択時航跡を表示で表示させた航跡を詳細表示可能に修正

一番最後の修正点は、設定で「選択時航跡を表示」にチェックを
入れている場合に、船舶を選択して航跡が表示された状態で
航跡をクリックすることで詳細表示を行えるように修正したものです。
お手数をおかけしますがお持ちのKG-AISの実行ファイルを最新のものに
アップグレードしていただきますよう、お願い致します。
KG-AIS | コメント:0 | トラックバック:0 |

KG-AIS ver.1.0.2バグフィックス

先日リリースしましたKG-AISのver.1.0.2ですが少しバグが見つかりましたので
手直しをしています。
ログモードですがログ取り込み中に中止ボタンを押しても中止されない
現象が見つかりました。これはこちらの単純ミスでした。すみません。。
またログ読み込み中にKG-AISを閉じようとしても閉じない状態だったので
閉じれるように改善しました。
描画関係では画面が特定の大きさだと線だけがずれて表示される不具合が
見つかりました。
kgais_xshift.png
左の画面が不具合時の画面で、県境の線が左にずれています。
線の描画全てに発生するので、outマップの線や船の航跡もずれて表示されます。
この現象は解消済みですが、ビルドアップ版を出すまでこの不具合が気になる
場合は画面サイズを少し変えると直りますので、この方法にて対処をお願い致します。
また録音デバイスの選択画面で少し不具合が見つかりました。
kgasi_seldev.png
デバイスを選択する際にチェックボックスをダブルクリックすると
複数のデバイスが選択されるようになり、この状態でOKをクリックすると
エラーが表示されてデバイスが変更できません。
デバイスの選択はチェックボックスではなくデバイスの名前が表示され
ている行(上記画像の青い枠内)をクリックして選択していただきます
ようにお願い致します。
このようにユーザーインターフェースに問題が見つかったため、
次回リリースのビルドアップ版ではリスト選択式からドロップダウン選択式の
デバイス選択に変更の予定です。

皆さんにはご迷惑をおかけしまして、たいへん申し訳ございません。
バグを修正したビルドアップ版は修正箇所の動作確認が終わり次第、
近日中にリリース予定です。
KG-AIS | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。