気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

掲示板再開&KGソフトアンケート開始

しばらく閉鎖していました当サイトの掲示板ですが、
本日、先ほどから再開させていただきました。
ユーザー間の情報交換に活用いただければと思います。
禁止事項などは掲示板をご覧ください。
情報交換掲示板はこちら

またKGシリーズの要望を募集するアンケートを
新たに設置させていただきました。
今後のソフト開発に参考にさせていただきたいと思いますので、
どしどし、ご要望をいただきたいと思います。
なおすべてのご要望を取り入れることはできませんので、
ご理解をいただければと思います。
KG-HFDLのご要望はこちら
KG-AISのご要望はこちら
その他のKGシリーズのご要望はこちら
なおKG-ACARSの要望はKG-ACARSの機能拡張版である
KG-HFDLのみ対応させていただくことがありますので、
ご理解をいただければと思います。
スポンサーサイト
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

KG-SDR次バージョン試作開発中です

タワー建設+アンテナ工事も一段落しまして、
徐々にソフト開発の作業へ戻りつつあります。
現在のところ開発の中心はKG-SDRの次バージョンとなる
バージョン1.0.1の試作開発に着手しています。
kgsdrv101_new.png
上の画面は開発中のためいろいろごちゃごちゃしています。。
バージョン1.0.1の大きなところは現在のところ、
・2波受信機能
・プレイバック機能
・96kHzサンプリングに対応
となっています。
2波受信機能は、受信帯域内(±24または48kHz)で任意の周波数の
2つをモードやAGCなどの設定も含めて完全に別々に復調してスピーカの
左と右からそれぞれ出力します。海保や海自、洋上管制などのSSBの
業務無線は決まった周波数帯に固まる傾向があるので、これらの無線を
同時にモニターできるようにしました。もちろん放送波の同時復調も
可能となっています。
プレイバック機能は10秒間だけ常に帯域信号をバックアップしておき、
必要があればその10秒間だけを繰り返し再生することができる機能です。
RAW再生と同じような機能ですが、常にバックアップされているので
受信信号以外にスペクトルに現れた信号をいつでも再生しなおして
チューニング&確認するのに便利な機能です。
96kHzサンプリング対応は、従来のKG-SDRでは48kHzサンプリングのみ対応で
受信機の周波数の±24kHzがスペクトル表示されたり受信が可能でしたが、
今回のバージョンでは96KHzサンプリングを選択することで±48kHzの信号が
扱えるようになりました。2波受信と併せて使うと便利です。
もちろん、上記のほか改善点はいくつかあり、スペクトル上でマウスを置くと
その周波数が表示されたり、SSBでもスケルチがかかるようにしました。
細かい修正はかなり入っているように思います。。

今後もいろいろ改修を進めていく予定で、画面もカッコいいデザインに変えたい
ところですがデザインのセンスがない私では難しいかもしれません。。(汗
KG-SDR | コメント:2 | トラックバック:0 |

MCA中継局発見

昨日に引き続き今日も当地は快晴の良い天気でした。
こんな日に家にいるのはもったいない!ということで
まもなく雪で行くことができなくなる山道をバイクで回ってきました。
そのなかでいつも自宅の窓から遠くに見えている、
とあるスキー場の山頂にある無線タワーに行ってみました。
DSC_0271.jpg
なかなかご立派なタワーでした。
昔からこのスキー場で使う無線局のタワーかと思っていましたが、
最近はパラボラアンテナがついてNTTか官公庁の中継回線かもと思っていました。
しかしタワーの下にある中継器が入った建物の表札を見てびっくりしました。
DSC_0276.jpg
なんと800MHz帯のMCA無線の中継局だったのです。
急いで受信機でMCA無線を確認してみるとアンテナ無しでも
フルスケールで信号が受信できました。
受信機を初めて手にしてMCA無線ではかなり強力な電波が受信できるから
近くに中継局があるんだろうなぁとは思っていましたが、
目に見える範囲にあったとは驚きでした。
恐らくパラボラアンテナはデジタルMCA用の隣接中継局と接続する
ためのアシスト用か遠隔操作用と思われます。
中継所探しも新しい発見があってなかなか面白いかもしれませんね。。
無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アンテナ上がりました

ようやく完成したタワーにアンテナを上げ終えました。
DSC_0213.jpg
一番上が第一電波の144/430/1200MHz3段GPのX7000、
その下がコメットの7/14/21/28MHzダイポールのH-422+オプションの50MHzエレメント、
そしてサイドアームについているのが第一電波のD3000Nです。
畑に張ってあったHFのダイポールを積雪対策のため外したので、
その代わりに急遽、HFのロータリーダイポールを購入することになりました。
家まで30mくらいケーブルが必要だったので、アンテナよりケーブルの値段の方が
痛い結果になりました(泣

結果は、
VHF/UHFのアマチュアや業務無線は受信範囲が広くなったものの
期待したほどの劇的な変化はなく、逆に今まで安定して聞こえていた無線が
反射波と思われる影響で受信がしにくくなるものもありました。
当地はもともと360mほど標高があるので、タワーで地上高を稼いでも
受信に関してはあまり変化はないようです。
むしろ変化があったのはHFで、地上高が5m程度のT2FDでは受信しにくい無線が
ロータリーダイポールで明瞭に受信できるようになり、
14MHzではヨーロッパやアメリカの信号がよく受信できるようになりました。
飛びに関してはまだ試していません…(汗
SBS-1用に直下プリアンプを入れたADS-B用アンテナもつけたいところですが、
予算オーバーにて諦めることに。。
今年はこのアンテナで冬を乗り越えることになりそうです。

KENWOODからTS-2000が修理から帰ってきて、
コールサインもようやく移動局・固定局共に昔のもの(JI0WMO)に変更が出来たので、
冬にはゆっくりとアマチュア無線を楽しんでみたいところです。。
無線 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。