気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音声無線機を使ったPSK伝送のまとめ

PSK化の検討を行ったもののどうも伝送に問題ありのKG-STVですが、
どうしてPSKではうまくいかないのか実験と検討をしていました。
下記は専門的な内容ですが、個人的な備忘録として書き留めて
おきたいと思います。

SSBトランシーバーにて音声帯域内でPSK変調をかけた信号は
アイの口開も悪く、またクロックの再生も綺麗にできずに
コンスタレーション画面ではS/Nが悪い状態と似た状況に
なり易い結果となりました。
これはSSBトランシーバー内のクリスタルフィルタや変復調器、
オーディオ回路になどにより音声帯域内の特性が一定でないことが
要因だと思われます。
そのため位相のみならず一部振幅にも依存しているPSK伝送では
これらの影響を受けやすく、伝送速度を上げて帯域幅を広くとるほど
帯域内の特性の影響を受けやすいので理想的な伝送は難しくなるようです
(PSK31などの低伝送速度ではさほど問題にならないようです)。
そのためこのようなPSKを使ったデジタル伝送では潜在的にエラーが
発生するので、誤り訂正を入れることでこれらの伝送の問題を
クリアする必要があります。
トレーニング信号による伝送特性の補正は、このような基本的な伝送の問題が
ない場合で効果的であり、今回のような潜在的に問題がある場合は
あまり効果的ではなさそうです。
結論的にはSSBトランシーバーを使った比較的速度の早いPSK伝送は、
あまり好ましくないと判断しました。

ということでKG-STVは以前と同様にFSK変調を使って開発を続けていきたいと
思います。これでHFのフェージングの影響をどれだけ少なくできるか…。
この点について今後検討してみたいと思います。
スポンサーサイト
KG-STV | コメント:0 | トラックバック:0 |

バックライトLED化、再び…

24時間、地元消防無線の受信用に使っているIC-229ですが、
ここのところ猛暑のためか?、バックライトの麦球が2回
続けて切れました。もう手持ちの麦球がなかったので、
ここはバックライトをLED化してみました。
以前もバックライトを青色LEDにしてみましたが、
輝度不足となんだか「いかにも」な風貌になってしまったので
元の麦球に戻していました。
今回は高輝度の緑色LEDにしてみることにしました。
Linkmanの直径3mm、輝度12500mcdのものに拡散キャップを装着しました。
で、結果がこちら。
DSC_0214.jpg
うむむ、またしても「いかにも」な風貌になってしまいました…(泣
どうも色が鮮やかすぎると「いかにも」な感じになってしまうようです。
また輝度は十分でしたが、自然光が強いと若干、液晶の真ん中のあたりが
液晶の地の色がでてしまいやすいようです。
ということで結局、同時に購入した麦球に変えることになりました(汗
今回のLED化で無線機には「純緑色」ではなく、いわゆる「黄緑色」が合うような
気がしますが、無線機の元のイメージを損ないたくなければLED化はしない
ほうが良いというのが今回分かりました…(汗汗
無線 | コメント:1 | トラックバック:0 |

KG-STV PSK化したものの…

前からKG-STVのフェージング対策として変調をPSKにして
トレーニング信号を使った受信信号の補正をかける試みをしていましたが、
とりあえずQPSKの変復調と補正ができたようなので
ダミーロードをつけた無線機で送受信テストをしてみました。
結果は、、、残念ながら良好な結果が得られませんでした。。
直接、信号をやりとりした場合は問題ないのですが、
やはりどうも無線機を通すと信号が劣化してしまいます。
無線機内部のフィルタなどの特性が影響しているものと思われます。
その後も改良として遅延検波やπ/4シフトQPSK変調にしてみましたが
結果は変わりなし。。
やはりデジタルはSSBではなく直接IQ変調などがかけられないと
なかなかうまくいかないのかなぁと感じています。
こうなるとEasyPalなどで使われているOFDMではうまくいくのかなという
疑問がわいてきます。やはりOFDMなのかな。。
ということで、KG-STVのPSK化の検討はこの辺りで一旦保留にすることにしました。
無線機を通さなければ全く問題ないんですけどね。。。(泣
kgstv_qpskbeta.png

KG-STV | コメント:0 | トラックバック:0 |

お忍びでハムフェアへ

ということで秘密裏に行ってきました、ハムフェア(すみません…)。
とにかく人が多い!
私の地元では閑散としているアマチュア無線ですが、
これならまだまだアマチュア無線は大丈夫そうだなぁと思いました。
無線機メーカーで一番の盛況ぶりはアイコムだったように思います。
DSC_0103.jpg
やはりIC-9100ですね。昨年のハムフェアで全貌が公開されたものの、
その後発売の様子がなく、今年のハムフェアの前になってようやく
ホームページで製品概要が出始めました。
触れる実機が3台あって、常に人だかりができていました。
DSC_0034.jpg
やはり対抗馬はケンウッドのTS-2000か…と匂わせる雰囲気でした。
続いてはケンウッドのブース。
やはりこちらも去年、お目見えしたTS-590が触れる状態で展示されていました。
DSC_0022_20100821205014.jpg
オプションで電源も出るようです。
またハンディー機ではAPRSに対応したTH-D7の後継機が出る模様です。
こちらはケースに入っていて触れませんでした。
DSC_0025.jpg
続いてアルインコのブース。
DX-R8とKG-SDRの実働展示がされていました。多謝!
DSC_0198_20100821205314.jpg
けっこうDX-R8を見て止まる方が多く、関心が強いようです。
とくにKG-SDRを説明している時はちょっとした人だかりができるほどで、
感謝・感謝であります。KG-SDRももっと機能アップしないとなぁ…(汗
バースタのブースは現行機種がずらりと並んでいて、
特に真新しいところはありませんでしたが
やはりFT-2000とFTDX9000を前面にプッシュしている印象でした。
DSC_0146.jpg
ブースでのWIRESの説明時には多くの人が聞き入っていました。
そういえばVX-8Gはあまり前面に出ていなかったような…。
最後にAORのブース。
話題のAR-5001Dが実働展示されていました。
DSC_0182_20100821205912.jpg
うむむ、すごいんですが、AR-5000と同様に、価格がネックになりそうですね…。
あれ、価格はまだ未定だったのかな、チェックし忘れていました。

ということで初めてのハムフェアでしたが、
やはり新製品の無線機を見れるのは楽しいですね。
こんな無線機業界に私も少しでも貢献できるように、
ソフト開発をがんばっていきたいと思いました。
無線 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ソフト開発予定などの近況

暑い日が続いておりますが、当地では一時期のひどい暑さは
いくぶん和らいでいます(体が暑さに慣れたのかもしれません…)。
虫の声や空の雲を見ると秋を感じるようなところもありますね。

私は現在、KG-SDRを出してちょっとお休みモードになっています。
ゆっくりしながらも今後のソフト開発を考えてみると、
・KG-APTの海岸線の描画処理
・KG-SDRに同期AMとノイズブランカの搭載
・KG-HFDLで一部のスキッタが受信できない点の原因究明
・KG-STVでフェージング対策のためモデムをPSK変調に変更
・KG-RSの単位化数値の解析
と、いくつかあったりします。
どれも一筋縄にはいかないと予想していますが、
とりあえず今日はKG-STVのPSK化をちょっと着手してみました。
やはりHF帯でより安定した通信ができないものか気になるところです。
このほかは時間と余裕を見て進めたいと思います。

以前に私の無線機のTS-2000のスケルチがどうもおかしいということを
書きましたが、実は1ヶ月ほど前に地元の無線機屋さんに修理をお願いしました。
まだ修理が完了していないようで連絡がなかったので、
出かけついでに様子を聞きに無線機屋さんに行って聞いてみました。
メーカーに聞いたところ、「症状が確認できなくて様子見状態」のようです。
うむむ、ユーザーとしてもメーカーとしても困る現象ですね。。
症状が確認できない場合は、とりあえず全て再調整をして
返してくれるようにお願いする予定です。
確か開局当時、私が使っていたTS-60でもこんな「再現しない」不具合が
ありましたね。。むむむ。。。

当方のアマチュア無線局のコールサインですが開局当時のものに戻す予定です。
書類を整理していたら当時の局免が出てきまして、これを元に申請書を提出しました。
問題がなければ現在のコールサインからJI0WMOというコールサインに変更されると思います。
やはり開局当時のコールサインは特別な思いがありますね!
雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

KG-APTビルドアップ

KG-SDRを出す前にもビルドアップしていたのですが、
KG-APTを更にビルドアップして004として先ほどアップロードしました。
KG-APTのページはこちら
ビルド004の変更点は、
・パスが重なった場合、最大仰角が大きいほうを優先する機能の修正と設定を追加
・パスが重なった場合、後続の衛星の受信をしない設定を追加
となります。
それぞれの設定は軌道設定画面から行えます。
下の画像の赤枠の中になります。
kgapt1004_set.png
ここのところNOAA-18とNOAA-19が近い位置を飛んでいますので、
これらの設定が便利に使えると思います。
KG-APT | コメント:4 | トラックバック:0 |

KG-SDR公開開始しました!

以前より開発を進めてきましたSDRソフトのKG-SDRですが、
すべての準備が整い、先ほどアップロードを行い公開を開始しました!
KG-SDRのページはこちら
kgsdr01.png
以前よりご案内のとおり、DX-R8やDJ-X11と、IQ信号と専用コントロールケーブルで
パソコンと接続することで様々なアナログ通信をパソコンで受信することができます。
オートノッチ機能ですが、時間が少しあったので諦めたIF方式に再挑戦しまして、
結果うまく動作するようになりました。ビートをAGC前にカットすることが
できますので、ビートによる抑圧の影響を少なくすることができます。
ただ受信信号が強いと歪みやすいので、入力の調整が必要になるかもしれません。
その他詳しい使用方法は添付されているreadmeをご覧ください。
DX-R8をお使いの場合は、予めIQモードにしてからKG-SDRを起動してください。

それでは、KG-SDRを使ってワッチを楽しんでいただればと思います!
KG-SDR | コメント:7 | トラックバック:0 |

KG-SDR 作りこみ完了!

以前より開発を進めてきましたソフトウエアラジオのKG-SDRですが
本日、大まかの作りこみが完了しました!
前回ぼやきましたノイズリダクションやオートノッチの修正ですが、
どうもIF段での処理では思いどおりの効果が得られず、
今回はやむを得ず効果の大きいAF段での処理にすることにしました。
どうもハードウエア側でソフトウエアによるAGCができないと
難しいような、そんな感じがします。。。

今後は総合的な操作性やバグなどの確認を行い、
修正をしつつreadmeやウェブサイトの準備をして、
公開開始となる予定です。
順調に進めば、公開は来週後半くらいからになりそうです。
気になるシェア・フリーの区別ですが、
今回はフリーウエアで出します!

ぜひDJ-X11やDX-R8とPCコントロールケーブルをお持ちの方は
お気軽にダウンロードして使っていただければと思います。
KG-SDR | コメント:4 | トラックバック:0 |

ユーザーフィルタのGUI化とWAVE録音

現在も最優先で開発を進めていますKG-SDRですが、
そこそこ完成度の高いものに仕上がってきました。
最近追加した機能は、
ユーザーフィルタのGUI化とWAVE録音機能です。
kgsdr_beta354.png
ユーザーフィルタのGUI化では、
従来のスライドバーによるフィルタの設定方法から、
グラフィカルに設定できる方法になりました。
フィルタのエッジをドラッグすることで調整が可能です。
これはAFフィルタにも同様で、AFフィルタの場合は
BPFなので2つのカットオフ周波数を調整することが可能です。

またシンプルな機能ですが、
受信音声をWAVEフォーマットで録音できる機能もつけました。
スケルチ連動型で、スケルチが開いている場合にのみ録音しますので
VHF以上の航空無線や各種業務無線の保存にも便利かと思います。
なおKG-SDR自体ではWAVEファイルは再生できませんので、
別途、メディアプレイヤーなどで再生することになります。
また保存容量のスリム化と録音プログラムのシンプル化のため、
8kHz/16bitサンプリングで保存しますので、
AM放送などの帯域の広い信号は4kHzに帯域制限がかけられた後に
WAVEファイルに保存されます。

今後は、現在のものでもOKなのですが、AGCの処理をちょっと見直して
みようかと思っています。また、これに関連してDSP処理のオートノッチ
やノイズリダクションも見直して調整する予定です。
まだリリースにはちょっと時間がかかりそうですね。。。
KG-SDR | コメント:0 | トラックバック:0 |

地元作家著「夢喰いメリー」アニメ化!

ここのところデバッグを含めていろいろ調整中のKG-SDRですが、
KG-SDRに限らずプログラムの開発は根詰めることが多いので
特に私には適度な息抜きは必須です。
そんな私の息抜きの1つはアニメやマンガです。
デバック中にもバグが出るまで待つのに時間つぶしに見たりもします。
そのなかでも芳文社のまんがタイムきららと姉妹誌は必須です。
そんな姉妹誌のフォワードに掲載中の「夢喰いメリー」は
地元、上越の作家さんということで注目していましたが、
このたびアニメ化されることになりました!
今も地元かどうかはわかりませんが同じ地元民として嬉しい限りです。
ぜひアニメはヒットしてもらいたいですね。

ちなみに私の現在ハマってしまっているアニメ・マンガは
「みつどもえ」
です。もともとお試し気分でアニメの1話を見たのですが
これがツボにハマってしまい、
ついつい原作の単行本を揃えてしまいました…。
DSCF0069.jpg
やはりひとはがかわいいよ、時々黒いけど…。

話変わり、
以前壊れた宣言をしました第一電波のスイッチング電源ですが、
時間があったので修理しました。
原因は可変電圧と固定電圧を切り替えるスイッチの接触不良でした。
とりあえず解体してスイッチを手元にあった同じようなものに
交換したところ正常に動作しました。
しかし電源は自作もそうなのですが
残留電荷による感電と配線ミスによる電源投入時の爆発(?)だけは
未だ怖いものです…(汗
マンガ・アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。