気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

FT-847 AMのAGCをFASTに改造

ファンを静音にして快適オペレート中のFT-847ですが、
以前より気になっていることが。
それは、AM受信時にAGCが設定できないばかりか、
AGCがSLOWに強制的に設定されるため、
航空無線ばかりかBCLをしようにも何かと不便。
どうにかならんもんかのぉ…と思いつつブロック図を見ると、
どうもAGCの切り替えはAGC-Fという信号が関与している模様。
恐らくAGC-FがHighレベルになるとAGC回路がFASTに切り替わると予測。
それじゃ、AM受信時にAGC-FにHighレベルを入れればいいじゃんっと、
AM受信時にHightレベルになるラインを探すと、AM-Rというラインを発見。
これはいけるかも!っということで、早速実行です。
DSC_0153.jpg
AGC回路はAF-CNTL-UNITにあるので、
とりあえずこの基板がある背面カバーをはぐります。
AGC-FやAM-Rはシリ-パラ変換ICから出ているのですが、
そのICは基板裏になるため、ネジと配線を外して基板を取り出します。
DSC_0156.jpg
おぉ~、はじめてこの基板の裏を見ました。
なにやら怪しげな配線が施してあります。初期ロットの基板なのかしらん。
しばらくして目標のICを発見。
AM受信時以外にAGCをFASTにするとAM受信回路が不意に作動してしまうのを
防止するために、ダイオードでAGC-FとAM-Rを接続します。
DSC_0160.jpg
これでOK!!っと意気揚々に蓋を戻して電源を入れると、
「ん~??、何も音がしないなぁ…??」
スケルチつまみをまわすとポツポツと音がするものの、
うんともすんともいいません。
「こりゃ失敗だぁ」っと元に戻してしまいました。
しかしやはりAGCが遅いのは気になります。
「せめてラインが基板の表にきていればなぁ」と基板配線図を追いかけてみると、
みごとに表にきていました。
ということで、テスターで信号をあたって、動作を確認してみることに。
DSC_0166.jpg
どうも、前の改造ではAM受信時にAM-Rの信号が弱くなっています。
なんでやろ…と考えてみると、
AM受信時はAGCがSLOWになるため、AGC-FラインはLowレベルになります。
TTLロジックでは基本的にLowレベルはアースに落とされることが多く、
AM-R信号がアースに落とされたため信号が弱くなって、
AM受信回路が動かなかったと判明。
ではどうすべきか…といろいろ考えた結果、このような回路を入れてみました。
scm.jpg
AGC-F信号はAGC Fast回路を動作させるためのトランジスタを作動させるために
トランジスタスイッチを作動させてベースをアースへ落としていました。
そこで別にトランジスタを用意して、
AM受信時にもベースをアースに落とすようにしました。
実際はこのように配線。
DSC_0167.jpg
追加したトランジスタはこのような感じ。
DSC_0177.jpg
10kΩの抵抗はJ1010近くのBU4066の6ピンから引き出します。
DSC_0178.jpg
結果はばんばんざい!!
航空無線はばっちり聞きやすくなり、
AM放送や短波放送も選局が便利になりました。
もちろんSSBやFMには影響はありません。

もしFT-847のAMのAGCにお困りの方は試されてみてはどうでしょうか。
ただしこの改造によって故障などが起こっても、
私の責任にはなりませんので、
各自の責任において行ってください。

スポンサーサイト
無線 | コメント:2 | トラックバック:0 |

FT-847のファンを交換する

最近、HF~430MHzまでオールモードででれるFT-847を中古で入手しました。
DSC_0102.jpg
この無線機、アンテナチューナーが内蔵されていないものの、
430MHzは50W出せるし、シンプル&コンパクト、
そしてデザインなど、個人的にはとても好きな無線機です。
一度以前にも使ったことがあったのですが、泣く泣く手放すことに…
そして今回、再び入手することに成功しました!!
しかし、この無線機、以前もそうだったのですが、大きな欠点が…
それは、「ファン音がうるさい!」のです。
Web上でも「noisy」と話題になっています。
DSC_0115.jpg
とくにリアの小型ファンがうるさい!!
電源を入れると、「プアァァァーーーン」と鳴り始めるのです。
いつしかのDOS時代のパソコンを彷彿とさせるサウンドです。
Web上にはスポンジのフィルタをつけるとか、温度コントロールするとかあるのですが、
どれもいかがなものか…と思いつつも検索すると、
ファンを交換!というブログの記事が!!
これには気づかなかったっっ!
頭が固くなった証拠だなぁと思いつつも、ブログの内容を読んでいると
なかなか現実的で効果がありそうです。
ということで早速交換です!!
秋葉原へ行きPC用のクーラーファンを入手!
DSC_0138.jpg
FT-847では背面ファンと内蔵ファンの2つがあります。
内蔵ファンは送信時に高速回転になって、これまた気になったのでこちらも交換することに。
背面ファンは、40mm×40mm×10mmの12V、
内蔵ファンは、60mm×60mm×25mmの12Vです。
これと同規格のファンを用意します。
まずはFT-847の上面カバーをはぐります。
DSC_0117.jpg
上面カバーをはぐると、まだスピーカのついた金属板がありますので、
12個のネジを外してとります。
この際、スピーカの線が基板に端子で接続されているので、
慎重に少し金属板を右側から上げて、スピーカの端子を外してから金属板をとります。
ここですでに内蔵ファンを確認できるとともに、
背面ファンの電源端子を外すことができます。
DSC_0120_20090219174632.jpg
ただ背面ファン電源端子は同軸ケーブルやコイルの近くにあるので、
とくにコイルをゆがませることがないように慎重に外します。
これで、背面ファンを止めている4本のネジを外せば、ファンを取り外すことができます。
問題は内蔵ファンの取り外しです。
これには前面パネルを外さなければなりません。
前面ファンを取り外すにはFT-847の下側のカバーもはぐります。
DSC_0122.jpg
下側のカバーをはぐると、フィルターや受信改造ポイントがあります。
内蔵ファンの電源コネクタもありますが、交換するには外さなくてもOKです。
といいますか、線だらけのなかに内蔵ファンの電源ケーブルがあるため、
内蔵ファンの電源ケーブルを取り出すのは至難の業です。。。
ここで、前面パネルを止めている4本のネジのうち、
上の2本を外し、下の2本をゆるめ、前面パネルを前に出すと下へ90度開きます。
机の端などで作業すると楽です。
DSC_0127.jpg
これで内蔵ファンを取り外すことができます。
内蔵ファンの電源ケーブルを取り出すのが困難なので、この状態で交換してしまいます。
さらばデフォルト・ファン!と思いつつファンのケーブルを切ります。
そしてケーブルを新しいファンに半田付けします。
DSC_0145.jpg
今回選択したファンはシールをはぐると半田付けができるので、簡単に付け替えることができます。
線はパルスセンサー用の線以外は、同じ色のところにつけます。
逆極性に接続すると反対に回ったり、回らなかったりするので要注意。
これで接続OK。元の場所に戻します。
この際、エアーフローが内側へ流れるように、ファンの向きに気をつけます。
半田こてが熱いうちに、背面ファンのケーブルも付け替えます。
DSC_0147.jpg
案の定、シールを溶かしてしもた…。
こちらも極性に気をつけます。
そして取り付ける際も、ファンの向きに気をつけます。
エアーフローは吸い出す方向、外側になります。
最後に、カバーの開いた状態で電源を入れ、ファンの回転とエアーフローの向きを確認します。

後は元どうりに戻して完成!
いやぁ、見違えるほど静かになりました!!
以前は電源を入れて受信しているだけでも苦でしたが、
これなら受信しながら昼寝もできそうです!

しかし要注意点が一つ。
それは、デフォルトのファンではないので、
送信時の発熱には気をつけなければなりません。
加えて静音ファンといわれるファンは回転数が少なく送風量が少ないので、
放熱不足による故障に気をつけなければなりません。
ヘビューデューティーな使われ方をされる方には、この改造はオススメできません。
私のような95%ワッチ、5%送信みたいな使い方なら問題ないと思いますが…。
ちなみにこの改造を見てやって無線機が壊れたっっと言っても私には関係ないので、
個人の責任において、やってみたい方は挑戦されてみてください。

無線 | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋葉原に行ってきました

ちょっと埼玉へ行く用事があったので、
ついでに秋葉原に行ってきました。
F1000018.jpg
お目当てのお店はヨドバシとゲーマーズ。
細かい電子部品なんかも欲しかったのですが、
そんなに急に必要なものでもなく、
無駄使い阻止&帰りの電車も遅くなるので、
パパっと品定めをしてお勘定へ。
今日の戦利品はこちら。
DSC_0111.jpg
ファン(40mm、60mm、80mm)、ひだまりスケッチ×365 DVD5巻限定品、
そして新幹線のなかで暇つぶしにでもと思って買ったリトバス4コマ2冊。
結局新幹線の中ではうつらうつらとしていて読めませんでした(--;
もう東京では花粉が飛んでいるみたいで、
この時間になって鼻水とくしゃみがでてきました…。
ファンの行方は後日ご報告!
雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

すでに次なる開発に着手!?

こんばんわ。
先日配布を開始しましたKG-HFDL、
性能ともに好評のようでたいへん嬉しいです!
これで、多くの方がHF ACARSの醍醐味を
味わっていただればと思っています。
はっきり言って、病み付きになります!

KG-HFDLをリリースしたばかりなのですが、
ジツはすでに次の開発に着手しています(^^;
まだ実験段階で、これが公開されるレベルまで
なるかどうかはまだわかりませんが、
次なるターゲットはAIS、
いわゆる「Ship Plotter」であります!

私自身、ちょっと前まで、AISの運用は大きな港だけ
だと思っていたのですが、そのほかの地域でも運用されていて、
受信機の周波数を合わせたところどうも受信しているみたい。
ということで急遽、検波出力を得るケーブルを作成して、
プログラムを組んでいます。
現在のところ肝心要の通信規格は入手済み。
使われている通信技術も一世代前のもので、
HFDLほど難しくはなさそうです。
今日は信号の同期に成功。ただデータの終わりがわからず、
今後の検討としたいです。

ジツはやりたいことはまだまだあります…。
気象庁が毎日9時と21時に飛ばしている観測気球のデータなんかも
受信できたらデータを受信してみたいなぁっと…。
しかし細かいこともあれこれあります。
KG-HFDL Checkerに現在のKG-HFDLの最終デコーダプログラムを
移植しなくてはなりません。他にも、KG-ACARSのマップ機能を
KG-HFDLのマップ機能にすることや、
KG-ACARS、KG-HFDLの英語化も考えています。

あれこれありますが、しばらくはのんびりとやっていくつもりです(^^

雑談 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ついに完成!、明日より配布します!

つ・ついに完成しました! KG-HFDL!!
最後の最後に大掛かりな修正が入りましたが、
チェックが完了して配布レベルに達しました!
デコードの性能も、ジツはさらに向上しました。
非常に弱い信号ではPC-HFDLに負けますが、
しかし微妙な信号でもデコードしてくれることもあります。
私的には満足いく性能となりました。

明日、準備ができしだい、ご案内のwebページをオープンいたします。
その内容にそってご連絡いただければ、
折り返しご連絡、送金をいただき、配布させていただきます。
ライセンス金額に変更はありません。
KG-HFDLでHF-ACARSの魅力を満喫いただければ幸いです。
ちょうどコンディションも良くなってきており、楽しんでいただけると思います。

またサポート掲示板も復活予定です。
以前のような受信内容の掲載はNGとさせていただきますが、
ソフトの操作や受信テクニック、バグ報告などに使用していただければと思います。
それでは、よろしくお願いいたします!!
main.gif

KG-HFDL | コメント:3 | トラックバック:0 |

もう本当の最終段階です!

KG-HFDLはこの1週間、実用試験に入っています。
操作性でこうしたほうがいいとか、
この性能はもうちょっとどうにかならないのかとか。
そうこうしているとHFDLでシステムテーブルが
新しくなるという一大事が!
システムテーブルというのは、
全基地局の周波数や位置情報が含まれるものです。
今回、新しい基地局が入りました。
もともと基地局の設定などは
すべてプログラムで組み外部からは変更できない予定だったのですが、
今回の事態を受けやはり外部から変更できたほうがいいなぁ…
っということで大掛かりな修正を入れました。
まず周波数データや基地局名の情報を外部ファイル化。
そして新しいシステムテーブルを受信した際は、
その周波数データを自動更新するようにしました。
これでしばらくは気にせず遊んでいただけると思います!

そして今日は最終段階、連続稼動試験や
TCP/IP接続実験などを行いました。
バグも発見。早速修正です。
なお、KG-HFDLでは他のKG-HFDLからのデータのほか、
KG-ACARSからのVHF-ACARSのデータもTCP/IP接続で
受け取り、マップ表示することができます。
readme.txtも大まかなところが完成。
チェックをいれて修正、そして公開サイトの用意が済めば、
いよいよ配布開始となります!
皆さんのお手元にいっても恥ずかしい出来ではないよう、
現在もチェック中です!
KG-HFDL | コメント:0 | トラックバック:0 |

デコード率向上!

KG-HFDLはプログラムの作りこみが終わりました!
あとは性能向上と問題点の検査に入ります。
デコード性能は昨日・今日と検討しました。
ほぼすべてのデコードプログラムをチェック。
また受信できない原因を割り出しました。
その結果、デコードの性能をさらに上げることができました!
早速、最新のPC-HFDLと比較してみました。
10分間しか試験できませんでしたが、結果は下図のとうり。
pcvskg.jpg
はやりPC-HFDLのほうが受信できてます(--;
しかし受信数がPC-HFDLが72に対してKG-HFDLは69。
PC-HFDLの95.8%が受信できています。
しかしエラーがKG-HFDLにはあります。
PC-HFDLが1.38%エラーに対してKG-HFDLは4.35%。
むむむ、はやりPC-HFDLは神様ですなぁと思いつつも、
私としては満足いく結果にまで向上できたので
今回はこれで行くことにします!
1週間ほど使い込んでみて不具合を確認、
修正できましたらいよいよ配布を開始しますので、
今しばらくお待ちください!
KG-HFDL | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。