気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ユピテルMVT-7500入手

ご無沙汰しておりましたm(_ _)m
引越しや退職の事後処理を終えて少し疲れが出たのか、
1週間ほどゆっくりとしていました。
KG-HFDLはデコード面の改善をしています。
少し改善されたところもありますが、目指すところには及んでいません。
そろそろ限界かなぁ…、リリースにむけてのところを
進めようかな…と思う今日この頃です。
今日は積雪約30cmで猛吹雪のためT2FDアンテナが倒れました(ToT
弱弱しいマストに補強を加え、アンテナの建て直し…。疲れました(--;

ところでユピテルより新しい受信機MVT-7500/MVT-5500が発売になりました。
このMVT-7500、なんとACARS専用受信モードがあります!
ジツは開発段階からユピテルより連絡をもらっていました。
そんなMVT-7500、早速入手しましたのでレポートいたします!
DSC_0089.jpg
正面写真です。ドットマトリクス液晶、テンキー+上下左右のカーソルキーの構成です。
上下左右のカーソルキーは携帯電話のような操作方法で、設定などが楽にできます。
上部つまみはダイヤルで普通は周波数を変えるのに使いますが、
左側面のVOLキーやSQLキーを押しながら回すことで音量やスケルチの調整ができます。
DSC_0090.jpg
後ろカバーを外した状態です。電源は電池3本またはDCアダプターで駆動します。
注目すべきはマイクロSDカードスロット。SDカードを使うことで20000チャンネルも
周波数がメモリーでき、またパソコンでの編集もできるようです。
DSC_0091.jpg
そしてこちらがACARSモードへ切り替えるところ。
メニューから簡単に選択することができます。
DSC_0092.jpg
こちらがACARSモードにした画面。
ACARSモードにするとスケルチが開放になり、
音質もACARS用の高音域がでるようになります。
(通常のVFOモードのAM受信時と帯域幅も変えているのかな…?)
そして主要周波数の131.250MHzと131.450MHzを交互に受信します。
もちろん、KG-ACARSでのデコードも上々です。
これから受信を始めたい方で、ACARSもやってみたい!
という方にはオススメではないでしょうか。

余談
バックの「らき☆すた おきらくカレンダー2009」が欲しい人は
今月のコンプティークを買うべし!
スポンサーサイト
KG-ACARS | コメント:4 | トラックバック:0 |

近況

こんばんわ。
最近更新が少なくてすみませんm(_ _)m
最近は引越しの事後処理や退社の手続きなど
なんだかんだでブログやソフトの着手できませんでした。
昨日は上京し転居届けをもらい、会社へ行って私物などを整理、
最後のあいさつまわりをして後にしました。
無線のほうはちょこちょこといじりました。
受信設備の増強・改編と本格的な積雪の対策をしました。
まずは受信設備の増強・改編。
DSC_0047.jpg
IC-7000を1台追加購入しました。
おかげで貯金が危機的状況です(ToT
追加購入の目的はHFDLの2波受信です。
やはり信号再生の忠実度を要求されるPSK系のデジタル信号の受信には、
周波数特性がフラットなデジタル受信機が有利のようです。
デジタル受信機としてはIC-7200も気になるところですね。
DSC_0040.jpg
また屋根上にTVアンテナ基台を打ちつけ、ポールを新たに増設しました(写真左)
そのポールにはSBS-1用外部アンテナと第一電波のディスコーンD190を取り付けました。
今まではハシゴにつけていたのですが、雪下ろしで上り下りするには邪魔になるので、
思い切ってTVアンテナ基台を新規にとりつけました。
ということで受信環境の増強で、
IC-7000-第一電波T2FD-主にHFDL受信、その他HF帯受信用
IC-R8500-コメットGP-15-主に航空無線(航空路管制)受信用
AR-5000A-第一電波D-190-主に消防無線受信、その他ユーティリティー受信用
となりました。今年の冬はこれで乗り切ることになりそうです。
積雪があるとアンテナもかまえなくなってしまいますからね。
ちなみに航空無線の受信にはコメットのアマチュア無線アンテナGP-15を使っています。
長さがあるのかなのか、今のところこのアンテナでしか航空路管制の地上局側を
受信することができません。
でも以前作った1/4λGPがよく受信していたような…。今度試してみようと思います。

また積雪対策としてアンテナケーブルをすべて屋根の脇に取り付けました。
屋根上にあると雪下ろしのときにスコップなどで切断されかねません。
取り付けにはケーブルを取り外しできるようにナイロンステッカーを使用。
コの字型の釘では、後々ケーブルを交換しづらいですからね。
それからアースを設置しました。
DSC_0044.jpg
これは電波的な効果を期待したのではなく、
感電を防ぐためであります。
ジツは雪の降り始めの季節は、雷をともなうことがあり、
このようなときに降る雪はどうも帯電しているらしく、
雪がワイヤーアンテナに触れるとワイヤーも帯電するようです。
昔BCLをしていたとき、アンテナが帯電して窓枠にスパークしていました。
そんな感電はごめりんこ!ということでアース線の設置です。
本当は銅板がいいのですが売っていなく、やむ終えず一般機器用の
30cmくらいのアース棒を3本つかうことにしました。
T2FDアンテナにはバランがついているので、DC的には隔離されているとは
思いますが、念のため…。
こんなところが最近の近況です。
そうそう、信号が弱いですが最近NAVTEXの受信も再開しました。
こんな長く書くならこまめに書いておけばよかった…(ToT
雑談 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。