気ままっぷりK.Gブログ

K.Gの気ままプログラム・無線・飛行機・写真のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

寒気と台風

今シーズン初の強い寒気到来で当地でも冷え込んできました。
現在の気温は4℃で、雪が降るには若干、気温が高いようで
冷たい雨が降っています。
シーズン初ということで日中にNOAAの雲画像を受信してみました。
20101026133419A.jpg
本日の13時に通過したNOAA-19の可視画像です。
機材はいつものとおり、DJ-X11+QFH137+KG-APTです。
冬型の気圧配置で見られるスジ状の雲が日本海や黄海に見られます。
また済州島の南には北風によりカルマン渦流も見られます。
加えて南海上には台風もあり、形がしっかりしているので
発達しているようです。
冬と秋の気象がはっきりと混在した雲写真は、
ちょっとめずらしいかもしれません。
スポンサーサイト
KG-APT | コメント:0 | トラックバック:0 |

KG-APTビルドアップしました

KG-APTですがNOAA-15とNOAA-17のAPT運用周波数の変更に伴い
修正を加えて再アップロードしましたのでお知らせします。
KG-APTのページはこちら
衛星の軌道表示は別のウインドウにできないかなぁとちょっと
試してみましたが、なかなか大掛かりになりそうだったので
次回のバージョンアップの機会にすることにしました。
周波数の定義をファイルにしてユーザー側で周波数の変更を
可能にすることも検討したのですが、今回のような周波数の変更は稀であり、
またこの点に柔軟性を持たせると選択できる衛星も柔軟性のあるもの
(NOAA以外とか)に作り変えないといけないので、
こちらも今度のバージョンアップの際に検討させていただきたいと思います。
KG-APT | コメント:0 | トラックバック:0 |

NOAAで捕らえた台風7号

いやぁ、今年は本当に暑いですね。。
暑さのための寝不足から来ているのか、
どうもここのところめまいがよくします。
開発スピードもがた落ちでして。。
暑さが収まるまで本格的な開発はできそうもありません。。

昨日、沖縄を通過しました台風7号ですが、
その雲の画像をNOAAのAPTで受信しました。
20100901130019A.jpg
今日の13時に通過したNOAA-19の可視画像です。
左の部分が欠けてしまいまたが、
雲がまとまった、しっかりとした台風の姿を捕らえられました。
機材はいつもの通りでKG-APT+DJ-X11+QFH-137で、これに
第一電波のプリアンプを入れています。
日本を含めて南東方向は高気圧の晴れの区域ですが、
いかに高気圧が強力なものかがよく分かります。

テレビやネットでも見られない解像度の画像をリアルタイムで見れるのが
衛星からの直接受信ならでわの醍醐味ですね。
KG-APT | コメント:5 | トラックバック:0 |

KG-APTビルドアップ

KG-SDRを出す前にもビルドアップしていたのですが、
KG-APTを更にビルドアップして004として先ほどアップロードしました。
KG-APTのページはこちら
ビルド004の変更点は、
・パスが重なった場合、最大仰角が大きいほうを優先する機能の修正と設定を追加
・パスが重なった場合、後続の衛星の受信をしない設定を追加
となります。
それぞれの設定は軌道設定画面から行えます。
下の画像の赤枠の中になります。
kgapt1004_set.png
ここのところNOAA-18とNOAA-19が近い位置を飛んでいますので、
これらの設定が便利に使えると思います。
KG-APT | コメント:4 | トラックバック:0 |

QFH137を入手しました

以前から気になっていたもののなかなかの価格で手が出せなかった
ナガラ電子工業さんのNOAA/ACARS受信用QFHアンテナ、
QFH137を思い切って購入してみました。
自作したQFHアンテナでもそれなりの性能なのですが、
なにせ耐久性に不安要素が…
apt_ant01.jpg
こちらが自作品アンテナ。
冬季の積雪でアンテナ(同軸ケーブル)が曲がりなんだか頼りないでした。
方位・仰角ローテータを購入して衛星の追尾もしようかなと思ったのですが、
APTだけであればQFHアンテナでも十分なので、
今回購入しようと思いました。
で届いた箱がこちら。
apt_ant02.jpg
箱は予想に反してなかなか大きいです。
中身はこんな感じ。
apt_ant03.jpg
早速、自作アンテナを撤去して設置します。
エレメントですが、取り付けるのにちょっとコツがいります。
脳内イメージ的にはひねる感じなのですが、
実際にはエレメントを押し付ける感じ?でやるとうまくいきます。
エレメントは下側から取り付けたほうが、2種類あるエレメントを間違いなく
つけることができると思いますが、アンテナの上から見て反時計回りに
エレメントを取り付けるのに注意が必要です(1回間違えました(汗)。
とりあえずラージエレメントを取り付けた状態がこちら。
apt_ant04.jpg
マストクランプはあらかじめ平らな机の上でとりつけておきました。
完成はこちらになります。
apt_ant05.jpg
むむむ、さすがに自作品にはない洗練さです(汗

肝心な性能ですが、仰角が3度くらいまでは自作品より
感度が落ちましたが、それ以外ではおおかた良好な特性です。
こちらに実際に受信した画像をアップロードしておきます。
NOAA-19 CH-A 日本と太平洋(可視光)
NOAA-19 CH-A 日本と中国大陸(可視光)
やはりQFHアンテナはAPT画像を綺麗に受信したい方には
必須アイテムだと思います。
KG-APT | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。